【ニーアオートマタ】キャラクターの紹介と考察 その1

(2017/1/8 ブログ更新)

皆さんこんにちは!ぽんたこすです。

2017年に入り、ニーアオートマタの発売日まであとわずかとなりました。

ここで数回にわけて、現時点で判明している登場キャラクターについて説明したいと思います。

※本記事にはニーアレプリカントおよびニーアオートマタのネタバレが含まれます。ネタバレを見たくない方はご注意ください。

▼ほかのキャラクター紹介はこちら↓から

ニーアオートマタ キャラクター紹介2はこちら -ポッド042/ポッド153/ヨルハ部隊司令官/オペレーター60/オペレーター21O-

ニーアオートマタ キャラクター紹介3はこちら -デポル&ポポル/エミール/アダム/イヴ/?????-

ニーアオートマタ キャラクター紹介4はこちら -アネモネ-




キャラクター紹介 その1

2B(CV:石川由依)

nierautomata_character1 2b nierautomata_character2 2b

別名、ヨルハ二号B型
自動歩兵人形「ヨルハ」部隊の一員として派遣された、汎用戦闘モデルのアンドロイド。
剣撃による近距離攻撃と、サポートシステム「ポッド」を利用した遠距離攻撃が可能。戦闘用ゴーグルを装着している為、目元を見せることはほとんどない。
ヨルハ部隊員は名前を持たず、全て記号で呼ばれる。感情を持つことは規則上禁止されているが、モデル毎の個体差があり、2Bは比較的冷静沈着な性格の持ち主。

9S(CV:花江夏樹)

nierautomata_character3 9s nierautomata_character4 9s

別名、ヨルハ九号S型
攻撃機能も有するが、調査任務に特化した機体で、主にハッキングによる情報収集を得意とするヨルハ部隊の一員。ヨルハ部隊の中では比較的感情表現が豊かなタイプでやさしい性格。

A2(CV:諏訪彩花)

nierautomata_character5 a2 nierautomata_character6 a2

別名、ヨルハA型二号
A型は現在運用されていない近接攻撃に特化したヨルハのプロトタイプモデルで、2Bや9S等の正式モデルの実用化に向け運用されていた。あまり多くを語る性格ではなく、常に一人で行動している。

Pod042/153(CV:安元洋貴/あきやまかおる)

ヨルハ部隊員に標準装備されている随行支援ユニット。主に遠距離攻撃用の各種武装を搭載。移動面のサポートを行う。
司令部からの通信を表示したり、複数機体での作戦情報の交換も可能。2Bにはポッド042が、9Sにはポッド153が随行する。

キャラクター考察・・・の前に

今回の登場人物のほとんどは人間ではなく、アンドロイドやロボットです。

ネタバレになりますが、ニーアレプリカント(ゲシュタルト)では登場する魔物たちの正体が実は人間でした。過去の災厄によってもたらされた白塩化症候群の脅威から人間を守るため、一時的に人間の魂を抜き出し、ゲシュタルト化させさせ、元の人間に戻るまでの一時的な姿=魔物というオチでした。ニーアや他の村人たちはレプリカントといって、ゲシュタルト体がいずれ戻る器のようなものであり、人間ではありません。最終的にニーア達は魔物たちの長である魔王を倒し、ゲシュタルト体は人間に戻ることができなくなり、結果として子孫を残せなくなる。という結末でした。

ニーアレプリカント物語が完結したのが3365年です。ニーアオートマタではそれから約1万年後の未来が舞台となっています。もちろんレプリカントはもう1体も残っていないと考えるのが妥当だと思います。よって今作ではレプリカントは出てこないのではないかと思われます。

今作の主人公である2Bや9S、A2は人類側のアンドロイド兵士として、地球に送られました。その目的は異星人?が繰り出す機械生命体と戦い、劣勢である戦況を打破するためです。

ここで前作をプレイした人なら「ん?」てなると思うのですが・・・

人類って・・・まだいたの?って。

設定的には前作とつながっている為、人類は完全には滅びておらず、一部の人間たちは生きていたということでしょうか?このへんが個人的にかなり気になります。

キャラクター考察

アンドロイドたち

2Bや9S、A2はアンドロイドです。そして規則により感情を持つことが禁止されているとあります。禁止されている、ということは感情を持っている、またはその可能性があるということになります。アンドロイドはただのロボットではなく、元々は人間だったのではないでしょうか。

また、他の可能性として。完全に私の想像レベルにすぎないですが、前作で生き残ったレプリカント体はその後子孫を残せないため、遅くとも100年後には老衰などにより滅んでしまいます。今回のアンドロイドは、レプリカント体を再利用またはレプリカント体を生成する技術を用いて作られた元人間なのではないかと思っています。もしくはゲシュタルト体をなんらかの方法でアンドロイドという器に移行できたか・・・。

Podたち

体験版をプレイした方であればPodがどれだけ役に立つかわかっていると思います。前作でいう白の書的なポジションですかね。弾幕攻撃したり、協力なレーザーを撃ったり、戦闘では欠かせないパートナーです。

ニーア オートマタ(初回生産特典「ポッドモデル:白の書」が使えるプロダクトコード 同梱) – PS4

新品価格
¥6,890から
(2017/1/1 22:09時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする