【MHW】プレイ日記 2狩目 解毒剤がなければ、肉を焼けばいいじゃない。

PVアクセスランキング にほんブログ村

(2018/2/7 ブログ更新)

前回のMHWプレイ日記
次回のMHWプレイ日記

やべぇ全然遊べてねぇ(;´Д`)

こんにちは!ぽんたこすです。

1日1時間も遊べていませんモンスターハンターワールド。
生まれて初めて『ゲームは一日1時間まで』を守っている気がします。

こんなんじゃダメだ!もっと狩らなきゃ!

ってことで初心者ハンターの狩猟日記書いていきまーす。

みんなで楽しくオンライン!

と、思ったんですけど
モンハン発売してしばらくはネットワーク混雑でまともにオンラインプレイできませんでした(◎_◎;)

まぁいいか。

とりあえずメシ食うべ。

誰かが「ほんまモンハン飯テロやん」って言ってましたが。
たしかに飯テロですわ。

ただただ肉を喰らう。魚を喰らう。
これから戦いに行く男にふさわしいガッツのある料理ですな!

料理を作ってくれる猫さん達。
これがまたねー、かわいいのよ(//∀//)

真ん中の腕組んでどーん!としてるのが料理長。
かっこ可愛いですね(//∀//)

料理長の唯一のお仕事。

それは

最後に葉っぱを添えること。

これで味が100変わるから。全然違うから。
ただの魚から風情のある魚に変わるから。

それくらい大事な作業だからねコレ。

モンハン素人なので料理をかなり軽んじていたんですけど、
これってクエスト中も食事可能になったらなるべく食べに行った方がいいですね。

食うと食わないとではかなり違います。

さて、オンラインできるように待ってみましたが、結局もうできなそうな感じだったので友達とは後日遊ぶことにして・・・

よわいものイジメしていました。


↑このトカゲはしょっちゅう邪魔してくるので嫌いです
ワンチャン絶滅狙ってます。

あ、そうだ。

武器どれ使うか迷ったのですが、
オノと大剣が一緒になっているハイブリッド的な武器にしました。

スラッシュアックスっていうんですかね?

使いやすいのか使いにくいのかわかりません。始めてなので。
マイルームで一切武器の練習せずに持ってきちゃったので、使い慣れるまで時間がかかりました。

あ、嘘です。

全く使い慣れていませんでした。最後まで。

なんでこの武器にしちゃったんだろう。って思ってました。最後まで。

これだけ武器あると自分が使いやすいものが1つはあると思うんですけどねー。

それを探す時間が勿体ないと思って、直観で↑の武器選んでみたんですけど私には難しかったです。

ってことで早速ひと狩りしてみました。

毒吐きグロ怪鳥 プケプケ

最初の大型モンスター的なやつと出会いました。

きっしょ。うっわ、きっしょ。

コイツの前にドスジャグラスっていう過食症のトカゲと、クルルヤックっていう山田孝之がいましたが、地味だったので割愛します。

このプケプケ、厄介な攻撃するんですよー。

めーっちゃ吐きはるんですわぁ(;´Д`)

全盛期の有吉並みよ。
今も全盛期だけど。

毒を喰らってしまうと、毒になってしまいます。(日本語が不自由)

HPが徐々に減っていって、放っておくと倒れてしまいます。
このクエストではアイテムボックスに毒消しがたくさん入っているので、それを持っていけば問題ないのですが・・・

私はアイテムボックス無視してたので

とりあえずバーベキューしていました。

現実逃避ってやつな。

しかも焦がすしな。

なんやかんや毒を治し、プケプケと再戦。

プケプケ自体は毒さえ喰らわなければ、問題なく倒せます。

この戦い困難な点があるとしたら、
それは私の武器の扱い方でしょう。下手くそすぎ。

武器は悪くない。私の操作が下手(;^ω^)

あ、飛んでいっちゃった。

逃げた先も地図を見ればわかるので、マップ上のプケプケにタグづけ(R3押し込み)して緑色の虫たちに誘導してもらい追かけます。

そして見つけ次第がむしゃらに切りまくる。

あ、当時は○ボタンの存在を知らず、ひたすら□ボタンとR2の剣モードへの切り替えばっか使ってました。この武器○ボタンの攻撃が強いのでかなり勿体ない戦い方をしていたのでしょうね。

あっ!

尻尾切れた!

きもぉーい( ;´Д`)

だけどこういう部位破壊系の攻撃はかなり効果的らしい。
尻尾きれた後のプケプケめっちゃ弱ってますもん。

そりゃあそうだよな。体の一部を切断されたら誰でもゲンナリするよな。
ごめんな(T_T)

すぐ楽にしてやるからよ。

討伐完了!

プケプケ戦でなんとなく操作感はつかめた感じがします。
まだ一度も戦闘不能になっていないので、この調子で上手い事狩りやっていければと思います。

とりあえず、武器変えよう。

前回のMHWプレイ日記
次回のMHWプレイ日記