【サイコブレイク2】プレイ日記#7 ボウガンを制するものが勝負を制す

(2017/11/28 ブログ更新)

前回のサイコブレイク2プレイ日記はこちらから。

※この記事にはサイコブレイク2のネタバレが含まれます。

将来の夢はダリル・ディクソンです。

小学校のとき、
先生に「あなたの夢はなんですか?」と、問われていたら
このように答えていたことでしょうね。
あ、ドラマ版ウォーキングデッドの登場キャラね、ダリルって。

とにかくカッコいいワイルドなクロスボウ使いです。

皆さんこんにちは!ぽんたこすです。
ダリルの話は一旦置いておきましょう。

先日、通信機で「これで色んなアイテム見つかるよー」
的なことを教えてもらったので、早速使ってみました。

通信機によると、この先に強力な武器があるらしい・・・
だけど敵さんがウジャウジャしてて直接武器を取りに行くには危険な雰囲気

でも大丈夫!
タティアナのところでグリーンジェル使ってステルス能力強化したから。
敵にバレにくい能力を中心にパワーアップしたから。

ほら見てください!この見事なしゃがみ歩きを。
今作の敵はやけにキョロキョロしながら行動するので、
単調な動きで後をつけてると、見つかることが多いのです。
だから↑のように車などのオブジェクトの影を利用して、
一気に距離を詰めるとよいでしょう。

ついでコレも。

草むらに隠れると敵さんからセバスチャンの姿は見えません。
ただし相手が警戒している場合、
草むらに隠れていてもバレてしまうことがあるので注意です。

死角をうまく利用すれば、こんな感じにサクッとスニークキルができるので、
慣れるまでは練習あるのみですね。

ちなみに↑のやつは失敗例です。
1匹はスニークキルで倒せたんですけど、

完全に奥の奴と目が合ってるんですよね(;^ω^)

その結果

めっちゃ逃走することになる。

いやー、慣れるまではコレよ。コレ。
ヒットアンドアウェイ的な?
スニークキルアンドアウェイ的な感じですわ。

数十匹倒したら感覚掴めるんでひたすら練習あるのみ!

なんやかんやでたくさん武器を見つけた

見てくださいよ。

クロスボウ。

これ前作でも好きだったわー。
武器の中だとクセが強いんですけど、
活躍度で言ったら圧倒的1位です。

矢の種類によって異なる能力を発揮するので、
場面場面で使い分けることで、攻略しやすくなります。

個人的には一番スタンダードな矢である「ハープ―ンボルト」が好きです。
なんかダリルっぽいんですわ。(ウォーキングデッド)
欲を言えば、敵に当たった矢を回収できればマジ最高。マジダリル。

といっても、ハープ―ンボルトを作る素材は手に入りやすいので、
不足することはまずないでしょう。

ただね、難しい。エイムが難しいんです。
近くの敵はいいんだけど、遠くの敵に当てる時厄介ですね。
銃と違って速度遅めなんで、ヘッドショットがかなり当てにくいんですよね。
これも練習あるのみですわ。


↑これ、消火栓なんですけど、
街中いたるところに消火栓があるんですよ。
で、壊したらこんな感じで水が噴射します。

それによってできた水たまりに、電気ビリビリボルト(名前忘れた)を当てると
その水たまりの上にいる的全員が感電します。
こういう町の設備も利用して戦える点が今作で追加された面白みのひとつですね。

これまた通信機で情報を検知して見つけたんですけど、
どこかの屋上でスナイパーライフルを見つけました。

壊れてっけど(´・ω・`)

これもどこかで修理きっと的なやつがあるので、
追々手に入れましょうかね。

すぐトラブルに巻き込まれる性質

この街・・・ユニオンって住みやすそうですよね。

今は怪異?に巻き込まれてこんな感じになってますけど、
パッと見、普通の田舎町ですもんね。
カフェもあり、バーもあり。

・・・で?って話なんですけどね(●´ω`●)

さてさて、
近所の教会が明るいので入ってみたらですね

神父様が祈り・・・というか懺悔してました。
「私はなんてことを神様お許しください」的なね。
おそらく、祭壇(?)の上にいる化物をヤっちまったんでしょうね。
串刺しになってますわ。やるじゃん神父様。

そんな神父様もね

痙攣して

はい、出来上がりー!

いきなり変異しちゃいましたよ。
どういう条件で変異するんでしょうね。
前作ではルヴィクの意思が関係してましたけど・・・。

セバスチャンやオニールなどは今のところ無事ですが、
今後、変異してしまう可能性もあるのではないでしょうか(;´・ω・)

そんな期待を胸に(?)今回はここで終わります。

次回のサイコブレイク2プレイ日記に続く。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする