【サイコブレイク2】プレイ日記#12 安定化装置

(2018/1/9 ブログ更新)

前回のサイコブレイク2プレイ日記はこちらから。

※この記事にはサイコブレイク2のネタバレが含まれます

久々の更新になってしまいました。

こんにちは!ぽんたこすです。

危うくサイコブレイク2も積みゲーになってしまいそうでしたが、
ちゃんとプレイしていきますよ、面白いんで!

前回、娘であるリリーがカメラサイコパス野郎にさらわれてしまったという事実が判明しました。
オニールに相談してみたところ、市庁舎エリアというところにカメラ野郎がいるかもしれないという情報をもらいました。
そこにいくには、『舞台裏』というメビウスの監視者専用の裏道のようなエリアを通っていく必要があるとのことです。

ってことで始めていきます。

CHAPTER4 市庁舎へ

市庁舎への道『舞台裏』はこんな感じです。
まさに管理室って感じですね。
普段はここでメビウスの方々が働いているのですが、
今はここももぬけのから。
・・・というかみんなしんでるか、化け物になってます。

オニールの言う通り、ガスが充満していて進めない箇所がありました。
ということで、さっそくガスマスクをかぶって進んでみましょう。

ガスマスク着用個所にちょっとした作り込みがありましてね、
この間だけ、TPS視点ではなく、FPS視点になるのです。


↑こんな感じ

ガスマスク着用で変化があるのは視点だけではなく、
銃器が使えなくなるという仕様も追加されています。
まぁガスが充満してますからね。火が発生するものはNGです。

ここで使えるのはナイフかビンだけ。
これだけあれば十分ですけどね。スニークキルすればいいし。

そんなこんなで、市庁舎エリアにつきました。

CHAPTER5 再会

なんかめっちゃ大変なことになってます。
地面になにかぶっ刺さってますし。
ギョロとした目みたいなやつが空に浮いてますし。

スナイパーライフルのスコープで覗いてみました。
これは・・・カメラでしょうか?
ってことは奴か。

敵の力は強大ですね。
一刻もはやく仕留めなくては。

市庁舎の前につきました。
なんでしょう。たくさんの肉片が転がっています。

・・・。

たくさんの肉片たちが集まり始めました。

これは・・・

あーあ、やっぱコイツだ。
前は逃げイベントでしたが、今回は倒さなくてはいけないみたいですね。
巨体で早い。手についた回転ノコギリのリーチも長い。

かなりの強敵ですね。


危機を察知して市庁舎から逃げようとしたけれども、
鉄柵を閉じられ閉じ込められてしまったセバスチャンの顔。

ただ、この市庁舎には油ドラム缶などの高火力系のギミックがたくさんあるので、
それらを駆使して戦えば、弾数の節約をしつつ撃退することができます。

まっ、

そのギミックに気付くことのできなかった男(わい)は、
こういう風に車をバリケード代わりにしてショットガン連発して倒しましたとさ。

マジで弾の無駄遣いでしたわ。

画面まっ赤になりながらも、無事討伐。
勝利のグリーンジェル回収。

ってことで、中に入りましょう。

市庁舎のフロント部分に男が倒れていました。
ハリソンです。捜索対象者のひとりですね。

せっかく見つけたのはいいですが、ひんし状態です。
コアの情報を聞き出しましたが、「その前に安定化装置を起動しろ」と言われました。
安定化装置を作動させないと、ユニオンの状態がさらに不安定になり、壊れてしまうとのことです。
安定化装置を起動すればカメラ野郎のチカラも抑制できるらしい。

ハリソンが安定化装置を起動させるためのなにかをくれました。
そして息絶えてしまいました・・・。

(;´・ω・)

捜索対象5人中1人確保、2人しぼう、2人行方不明。
大丈夫でしょうか・・・。

とにかく今は最後の力を振り絞ってハリソンが教えてくれた『安定化装置』を起動しにいきましょう!

安定化装置の起動を目指して

 

わぁー、めっちゃ不気味ぃー(´・ω・`)
写真のセンスとかよくわからないけど、センスないわこの人ぉ(´・ω・`)

本当の市庁舎というよりかは、ところどころカメラ野郎に侵食されているので、
こういった悪趣味な内装となっております。

↑これはちょっとしたパズルの一部です。
写真と同じ配置にマネキンや花瓶を操作すればいいだけ。イージー。

化物を倒しつつ、安定化装置のある部屋までたどり着いたセバスチャン。

ハリソンから貰ったデバイスを設置し、無事に安定化装置を起動開始。

アナウンス「安定化装置起動まで残り90秒」

あとは待つだけ。

しかし・・・
背後に何者かの気配を感じたセバスチャン。
銃を取り出し、

カシャッ!

・・・。

シャッター音とともに、この状態で時が止まる。
まさか・・・ニノマエ!?

コイツです。カメラ野郎です。
やっかいですね、時を止める能力。

ってかこの状況ヤバくない?

こえぇぇぇぇ(;゚Д゚)

抵抗できないじゃんか。
反則ですよー時間停止系はー。

コイツの名前、ステファノっていうらしいです。
これからはカメラ野郎ではなく、ステファノと呼びます。

こいつ、遊び半分というか手加減しているというか舐めプというか、
ここでセバスチャンをころさず、見逃しました。

時間が動き出し、セバスチャンがステファノに向かって銃を向けるも、
既に奴の姿はありませんでした。

時間が動き出したことで安定化装置の起動も再開しました。

しかし・・・

親方!空から女の子が!(©スタジオジブリ)

女の子と判断したのは胸です。鳩胸です。
いや、もう性別などどうでもいい。気持ち悪いのが上から降ってきました。

顔面はこんな感じ。
カメラですね、完全に。

ほぼ確でステファノが召喚したのでしょう。

コイツね、厄介なんです。
こいつもちょっとした時間停止機能がありましてね、
顔面のカメラのフラッシュを安定化装置に当てると、安定化装置のカウントダウンが停止してしまいます。

それを再度動かすためには、この化物にダメージを与えなくてはいけません。
弱点は顔です。カメラの部分に思いっきりブチかましてやりましょう。

コイツ結構隙だらけなので、↑の画像のように、スナイパーで狙うっても簡単にできます。

装置止められる→ダメージ与える→カウントダウン再開→装置止められる→ダメージ与える→カウントダウン再開→装置止められる→ダメージ与える・・・

ってのを繰り返していき、最終的にカウントダウンが0になれば終わりです。

安定化装置起動により場が安定し(日本語虚弱)
カメラの化物も消滅します。

ミッションコンプリートですな。
これによってユニオンの崩壊も一時的に収まり、
ステファノにも抵抗する術ができたのではないでしょうか。

次回のサイコブレイク2プレイ日記につづく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする