【FF15】-最終回- 今さらながらエピソードグラディオラスをやる男。

(2017/12/9 ブログ更新)

前回の記事はこちら

名曲『ビッグブリッヂの死闘』

こんにちは。ぽんたこすです。
↑この曲のアレンジバージョンがFF15でも流れるですけど・・・

マジ神ってるよ。MONACAさん。
ビッグブリッヂって他にも色々アレンジありますけど、
このアレンジが一番好きだなー。

剣聖ギルガメッシュ。
そして初代王の盾であり、最強の王の盾でもあるギルガメッシュ。

グラディオラスは試練としてギルガメッシュと戦うのですが・・・

フルボッコにされてしまいます。
めちゃくちゃ強いのです。ギルガメッシュ。

一度目の戦闘では負けてしまいます。(負けイベント)
彼に勝つための力を得るため、封印を解きつつ先に進みます。

きみはともだち。

あれぇ?お誕生日会かなぁ!?

小学生の頃を思い出しました。この▼の旗みたいなやつ。
インスタ栄えを意識したお姉さん達もよくこんなの部屋に飾ってパーティみたいなことしてますよね。ハハッ。

そんなね、本日誕生日のグラディオラス君ですが、
新しいお友達ができました!

その名も・・・

よっこいしょっ・・・っと

柱でーす。

柱を引っこ抜いて、それで殴る。
そういうギミックがあるのです。

威力はめっちゃ高く、気持ちいいくらい敵を倒せます。
ただし柱にもHPがあり、それが0になると壊れてしまいます。

デメリットは動きが遅くなるので、相手の攻撃を喰らいやすくなることでしょうか。
相手のタイミングに合わせて殴れば問題ありませんけどね。


↑見覚えのある敵。※シガイではありません。あくまでも英霊です。

こういうボス戦以外ではコル兄貴が一緒に戦ってくれるので安心です。

コルの兄貴がついてきてくれた理由ってただの道案内だと思ってたんですよ。
だから、入口で帰ればいいのに・・・・とは思ってはいませんが、
結構過保護なことするなー。とは思っていました。

そしたら、ついてきた理由は道案内だけではなかったようです。

最後の封印、コルさんじゃないと開けられないっぽい(//∀//)
コルさんじゃないと、というか。この剣で「カシャン」とやらなきゃダメみたいです。

ありがとう、コルさん。

リベンジマッチ ギルガメッシュ

コル兄さんに開けてもらった扉の向こう側には

ギルガメッシュがスタンバってました。

先ほど見事にフルボッコにされてしまいましたが、
ここに来るまでにたくさんの封印を解いたことで、
グラディオの攻撃がギルガメッシュに刺さるようになりました。

ってことでリベンジです( `ー´)ノ

歴代のギルガメッシュに共通すること
⇒たくさん武器を持ってる。

です。

今回の剣聖ギルガメッシュもたくさんの武器(剣)を使ってきます。

・大剣
・片手剣
・レイピアみたいなやつ

などなど。
使っている武器毎にモーションが異なるので、それに注意して戦えば余裕です。

ただし、↑こっからキツい。
この刀を抜刀した後あたりから連撃を使ってくるので、
上手く避けないとすぐにHPが0になってしまいます。

あとこういうやつね。剣の波動で斬撃バァーンするやつ。
これは避けやすいんですけど、離れていて油断してると当たってしまいます。

この剣がギルガメッシュの本気みたいな感じですかね?

額を斬られ、傷がついてしまいました。(「あぁこの傷はな・・・」のエピソード回収)

だけどグラディオは平気です。
むしろ「へへっ」くらいなテンションですわ。

ここまで攻撃をガードしまくり、今やパワー4倍のグラディオですわ。

グラディオラスはチカラバカです。
だから相手をチカラでねじ伏せればいいのです。
そのチカラによって、ノクトを守るのです。

そして死闘の末・・・

勝利!

片膝つかせてやりましたよ!

これが王の盾だ!

立派になったねぇグラディオ( ノД`)

戦闘が終わったとたん、額の傷が痛みだすグラディオ。
仕事とかでも、アドレナリンが出てると風邪とか疲労を感じなくなる時ありますよね。

で、休日になって緊張感がなくなったら体調崩す的な(◎_◎;)

なにわともあれ、試練をクリアしたグラディオラス。

 

クリアしたご褒美に「私の力を貸す」と剣をくれたギルガメッシュ。
(エピソードグラディオラス冒頭で持っていた剣ですね)

この剣に警護隊の紋章がついているようですね。

ギルガメッシュによると、
大昔にグラディオのようにここに試練にきた強靭な精神を持った若者に腕を切り落とされ、
その若者が置いていった剣、だそうです。
その若者が今も生きているならば、その精神力を持ったまま育っているだろう。
的な。うろ覚え。

すべてが終わり、強靭な精神を持ったおじさんと帰ります。

以上、エピソードグラディオラス終了。
精神的にも肉体的にも強くなったグラディオが、これからノクトの元に戻っていくのでしょう。
そして冒頭のたき火のシーンにつながる、と。

いやー、短い話でしたが面白かったです。
曲もいい。アクションもいい。

うん、満足ですわ。

さて、次はエピソードプロンプトをやりますかね。超特急で。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする