【FF15】エピソードイグニス② レイヴスもうちょい目立ってもよくね?

PVアクセスランキング にほんブログ村

(2018/5/4 ブログ更新)

絶対絶命です。

こんにちは!ぽんたこすです。
非常にピンチです。

以前ノクト、グラディオ、プロンプト、イグニスの4人に対して
1人で圧倒したレイヴスさんが立ちはだかりました。

さらにザk・・・帝国兵達に囲まれてしまいました。

あーあ、終わったわコレって空気の中、
イグニスの背中からコッソリと迫る帝国兵。

ピンチ。

グサッ!

っと帝国兵を倒してくれたレイヴス。

うん・・・知ってた(‘ω’)
だってエピソードイグニスのあらすじにあったもんね。
「レイヴスと共闘して、ノクト&ルーナを助ける」って。

でもありがとう!
最高にカッコいいタイミングで助けてくれたね。

お互い目的は同じ。
・・・というか同じ場所にいる人物を助けること。

イグニスはノクトを。
レイヴスはルナフレーナを。

それぞれの大切な人を助けるために、いざ祭壇まで向かいます!

インテリクールイケメンコンビは息もぴったりです。
悪口言い合いながら、かなり息のあったコンビネーションで戦いを展開していきます。

もうね、2人でやっていこうぜこれからも。って感じ。
親友かってくらい相性いいじゃねぇか。

レイヴスの義手について容赦なく質問する感情のない男イグニス。
レイヴスが義手なのは、光曜の指輪を付けてしまったからです。

ノクトのような資格者が付けないと、イノチを蝕むんですわ。
これを付けて亡くなった人もいるので、
片腕だけで済んだのは不幸中の幸いなのかもしれません。

祭壇へ

こと切れる寸前のプライナ。
(その近くでアーデンに腹部を刺されたルナフレーナも倒れています。)

突如プライナが光だし、それに包まれるイグニス。

そこでイグニスは未来の出来事と遭遇する。

10年後、ノクトがその身を犠牲にして世界を救うシーンです。

なにがどう作用したのかわかりませんが、
未来が見えてしまったイグニス。

これが今後どのように影響するのでしょうか?

イグニスVSレイヴス

アーデンに刺されて亡くなってしまったルナフレーナをみて悲しむレイヴス。

そして、それと同時にノクトに激しい憎悪を抱き、斬りかかる。

それを必死に食い止めるイグニス。

どうしてもノクトが許せないレイヴンと、
絶対にノクトを守りたいイグニスはここで戦いを初めてしまいます。

お互いに思いの丈を叫びながら戦う2人。
イグニスはがんばって説得してます。

レイヴス強いですね。魔法剣士って感じ。
斬撃も強力だし、雷(?)の魔法も範囲が広くて当たるとかなり痛い。

相手のモーションをみて、
双剣の俊敏さを生かしてクルクル回りながら戦うのが有効ですね。

イグニスの説得が終わり、冷静になるレイヴス。
そしてルナフレーナとの永遠の別れ。

みんなの嫌われ者(第10章参照)

2人のもとに別行動を取っていたグラディオがくる。

おせぇぞ!

・・・っつっても相当回り道したんだろうなぁ。
おのれタイタンめ( `ー´)ノ

グラディオ:絶好のチャンス かな

と、いきなりレイヴスに斬りかかる。

寸前のところで斬撃をはじき返すレイヴス。

おいおいどうしたグラディオ。
以前片腕で吹っ飛ばされたことまだ根に持ってるのか?(´゚д゚`)だせぇ

まっそんなわけはなく、
このグラディオは・・・

コイツでしたー。

変身してたのかプロンプトの時のように幻覚使ってたのかわかりませんが、
厄介ですよね、この妖怪ニンゲン。