【SICK’S 恕乃抄】第壱話② 高座宏世という男(ネタバレ)

(2018/4/9 ブログ更新)

SICK’S 恕乃抄 前回
SICK’S 恕乃抄 次回

※この記事にはケイゾク、SPEC、SICK’Sのネタバレが含まれます。

やっとコメディ要素きたね

先週まではめっちゃ戦ってましたからね。
あれは物語的に未来の話らしいです。
ってかクライマックス!って感じでしたもんね。

御厨と高座がどのように出会い、あの状況に展開していくのか。
ニノマエイトや他のスペックホルダーたちもどのように絡んでくるのか。

うーむ、わくわくしますねぇ(//∀//)

前回キャスト載せ忘れていたので、今回から記載します。

▼キャスト
御厨静琉  :木村文乃
高座宏世  :松田翔太
一 一十  :黒島結菜
大島優一  :佐野史郎
邑瀬帝法  :?
雅     :小林万里子
チンピラ  :池田 大
犬神健一  :佐藤祐哉
入江慎吾  :宅麻 伸
秀家岳志  :高杉 亘
長谷部国重 :波岡一喜
山城彩香  :新川優愛
板谷 啓  :眞島秀和
近藤昭男  :徳井 優
野々村光次郎:竜 雷太

瀬文じゃん。

前回の崩壊した東京から数か月前、
高座はとある男(犬神)を尾行していました。

犬神が汎都被流通中心という建物に入ったことを確認。それを報告。

高座:ぱんつ・・・かぶり?

確かにそう読めるよな、うん(;´Д`)

犬神がUSBをハゲた男に渡す。
そこに高座が到着。ハゲた男と格闘し、UBSを奪う。

犬神は屋上まで逃げる。
高座と他の刑事達は屋上で犬神を追い詰める。

高座:公安部内部調査室の高座だ。外事二課の犬神健一だな。
   外患誘致罪および、内部情報漏えいの公務員法違反で逮捕する!

※外患誘致罪とは、外国と共謀し日本に対して武力行使を誘発する行為。

犬神はその場から飛び降りようとするも、
屋上から眺める景色(地面)に恐怖心をいだき、結局投降する。
高座もそれを確認して銃をおろす・・・

しかし次の瞬間、犬神の腹部にナイフが刺さる。
いきなり腹部にナイフがあらわれたイメージ。

まるで時間を止めている間に刺されたみたいに・・・。

まわりの刑事は高座が刺したと思っており、ドン引き。
「アイツ無抵抗だったじゃん…」的な。

これ完全に瀬文じゃん。

一発も撃ってないのに、部下の銃弾ニノマエが跳ね返しただけなのに疑いかけられてミショウに左遷された瀬文と同じ状況じゃん。

これによって高座も事情聴取を受けることになる。
「俺はやってない!」と言っても、全く信じてもらえない。

しかも、ナイフに高座の指紋がついていたらしい…。
ただただ犬神を処分したいだけじゃなく、口封じがしたいだけじゃなく、
これ、完全に高座に罪をなすりつけてんじゃん。

自衛隊駐屯所より

一方、秀家岳志率いる自衛隊達は、総理よりスペックホルダーの探索および確保の命令を受ける。しかもやむおえない場合はその場で処分してもいいってさ。こっわ。

スペックホルダーのリストがうつるので、
気になったやつをピックアップしました。

玉森敏子
⇒他人の寿命を食べる能力。実際には90歳をこえているらしい。
子どもの姿とかで出てきたり?

堤幸彦
⇒出血する能力。SPECからのレギュラー。

ニノマエイト
⇒時をとめる能力。…とありますが、実際には時を止める+リバース?

不明
⇒変幻自在に地面から謎の物体を操る能力をもつ男。今後でるかな?

今後どんなスペックホルダーが出てくるのか楽しみですね。

退職

高座は警察を辞めることに。(自主退職)

上司である板谷は「お前が必要だ」と、高座を止める。

板谷と高座は同じ日大ワンダーフォーゲル部の先輩と後輩の関係らしい。
※過去の2人のやりとりは必見です。

結局、高座は退職し、警視庁をあとにします。
その様子を地獄達磨と一緒にこそこそ観察するニノマエイト。

入院中の御厨

御厨:また始まっちゃったか。この感覚。

First、Secound、Third、Fourth、Fifth

と、手首の傷を数え…

「Sixth」と、6つめの傷をつける。

もうねぇ、マジで無理( ;´Д`)

人の首が斬り落とされるシーン。余裕。

人が首を吊るシーン。余裕。

後ろに気配を感じ、振り返えるが誰もいない。ほっ、気のせいか。と前を向いたときにオバケがいてびっくりするシーン。余裕。

手首を切るシーン。無理!

まじで苦手。
文乃さん大好きだけど、これはまじで苦手。
自傷癖がある役だから今後も出てくるだろうけど、ちょっとキツイわー。

ゴリさん!?

謎の男たちに襲撃を受ける高座。

頭にビニール袋をかぶせられ、首にチェーンを巻き付けられボッコボコにされる。

必死に抵抗すると、多勢に無勢である。

車で連れられそうになるところで謎の男が登場。

?:やめろ!警察だ!

銃を取り出し、男達に向ける。
この声は…。

SICK’S 恕乃抄 前回
SICK’S 恕乃抄 次回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする