【バイオハザードRE:3】#2 はやくここから逃げだしたい

PVアクセスランキング にほんブログ村

(2020/4/12 ブログ更新)

※この記事にはバイオハザードRE:3のネタバレが含まれます。

前回のバイオハザードRE:3プレイ日記はこちら
次回のバイオハザードRE:3プレイ日記はこちら

皆さんにはゲームで苦手な描写、ってありますか?

こんにちは!ぽんたこすです。

僕は苦手な描写が2つあります。

1つは水中です。水中の描写がめちゃくちゃ怖いんです。別に何かトラウマがあるわけでもないんですよ。泳げないわけでもありませんし。だけど水中が怖い。閉所恐怖症の水中バージョン的な。

ま、バイオRE3には水中の描写はないので良いんですけど、2つ目に苦手な描写はガッツリと出てくるんですよ。

虫です。

ウネウネしてるやつから昆虫から虫の描写見るとめちゃくちゃテンション下がります。「あぁもう帰りてぇ」って。家の中でゲームしてるのに。

今回の虫の描写もかなり効きました。↑のジルはクモみたいな奴にイマ●チオみたいなことされてると思うんですけど、体内に卵産みつけられてるんですよ。グッロ。

そのままだと体内の養分を吸い取られて、最終的に孵化してしまうため、卵を吐き出すためにハーブを食う必要があるのです。(ハーブって便利ー!)

おぇぇぇぇぇぇ

この虫だらけの場所は発電施設です。ラクーンシティから電車で脱出するためにまずは電源の復旧が必要ということでここに訪れたわけです。

もう二度と来たくありません。

クモを除去しつつ、または卵を産み付けられつつもなんとか電源を復旧して鉄道会社に向かいました。

鉄道会社で経路を設定する必要があるのです。っつってもジルは鉄道素人なので、その場に残されたヒントをもとにパズル感覚で経路をちゃちゃっと設定しました。

さて、みんなが待っている電車に向かおう…

としたところでコイツですわ。

ネメシスたん。

相変わらずスタァァァァズ言いながら追いかけてくるんですよ、キリの良い所まで。こいつのやり過ごし方には2種類あるんです。ひたすらネメシスの攻撃を避け続けるか、ネメシスをダウンさせて起き上がる前に先に進むか。

おススメは攻撃をひたすら避け続けるです。ってのは、このゲームにおける緊急回避ってめちゃくちゃ大事で、使いこなすことさえできれば弾薬や回復などの無駄なリソースを消費する必要なんてなくなりますし、クリアタイムを大幅に短縮させることができます。

ま、初見プレイ時にはノーモーション手榴弾で即ダウンさせましたけどね。(避けるの難しい)

ネメシスが追いかけてきたせいで電車には戻れず、気づいたときには地下道にいました。地下道という名の下水道ですね。今作も下水道にどっぷりと浸かっております。RE2の時も下水道いきましたけど、百歩譲ってウイルスが蔓延してないときに下水道にどっぷり浸かりたいですね。

可愛い化け物もいるし。
※ハンターγ(ベータ)って言うらしい

って思ってたら全然可愛くないし。
(でも攻撃するときに弱点(口内)むき出しになるところは可愛いですね)

なんやかんやあって地下道からだっしゅt…

ネメシス:スタァァァァズ(訳:やあ)

またですわ(;´Д`)

ネメシスに次ぐネメシス。

もうずっと追いかけてくるんです。

どこまでも、しつこく追いかけてくるんですよコイツ。

ムカつくわー。

ってことで…

フルボッコにしてやりましたけどね( `ー´)ノ

彼は炭になりました。

もちろんネメシスはこんなんじゃ死なず、その後もロケラン片手に襲い掛かってきました。

ひたすら逃げました。

ときにはコロコロ転がってくるチャーリー人形の頭からも逃げ回り

なんとかカルロスと合流。

これで電車乗ってラクーンシティから脱出することができます。カルロスは別の任務があるらしく一緒に脱出できないらしい。残念。

ひとまずこれでひと段落…

しなかった。

後部車両に市民を保護していたんですけどコイツのせいで全滅です。一緒に脱出してたニコライはジルたちを見捨てて前の車両に避難して扉を閉めやがりました。アイツは近日中にシメます。

良い人感の強いU.B.C.Sの体調的な人は自らを犠牲にネメシスごと爆破。その影響で電車は横転してしまいました。

こんな爆破じゃネメシスを倒せませんが、体調のおかげでその場をしのぐことができました。

にしてもめちゃくちゃしつこいなコイツ。

今思えばハンターγしか出てこない地下道は安全だったな。ネメシス追ってこないし。

前回のバイオハザードRE:3プレイ日記はこちら
次回のバイオハザードRE:3プレイ日記はこちら

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする