【ザンキゼロ】クローン達とそれぞれが抱える罪について

(2018/4/21 ブログ更新)

忘れてたぜこのゲームの存在を。

こんにちは!ぽんたこすです。

気付いたらもう4月。
ザンキゼロって今年の8月に発売予定ってことなので、
あと4か月後には発売しているわけです。

いやぁ、一年って早いですねぇ(*´▽`*)

ってことでね前回の記事から更新されているザンキゼロの情報についてまとめていきます。

人類は滅亡?残るはクローンだけ?

※これはTGS2017で公開されたムービーです。

今回の主人公達はクローンというね。
人類は滅亡していて、クローンがわちゃわちゃすると。
説明雑か。

ザンキゼロは購入することが決まってるんですけど、
今まで情報ほとんど得てこなかったんですよね。

「えぇ!こいつらクローンなのか!?」

ってリアクションもつい3分前にしたわけですわ。

今公式ホームページ見ると結構情報更新されていますね。
というか、トレーラーか。トレーラーにすべて詰まってるか。

謎だった登場キャラ達の老人の姿の謎も解けました。

クローンは老化のスピードが著しく早いのね。
クローンの特性で13日でおじいちゃんおばあちゃんになっちゃうのね。

へー。

で、老化で亡くなったり、敵の攻撃で亡くなっても、何度でも生まれる(EXTEND)、と。

正確には子どもの状態に戻る、のか。だからザンキとしては残り8体。これがゼロになったらおしまい。

子ども、成人、老人それぞれの状態と戦闘ステータスもリンクしているようで、全員子供や老人の状態で戦闘に臨むとかなり苦戦するとのこと。

キャラクター達とその罪について

それぞれのキャラクターに七つの大罪のうちの一つが割り当てられてるじゃないですか。
金髪の女の子(比良坂サチカ)以外。

1.“傲慢”の警察官
⇒瀬戸内ミナモ

2.“怠惰”の編集者
⇒日暮ハルト

3.“暴食”のお嬢様
⇒真白ユマ

4.“強欲”の医者
⇒一葉マモル

5.“色欲”の花屋
⇒芒野リンコ

6.“憤怒”の農家
⇒玖保田ゼン

7.“嫉妬”の芸術家
⇒三花締リョウ

8.“原罪”の少女
⇒比良坂サチカ

これらがどのような意味を持っているのでしょうか?
比良坂サチカだけ七つの大罪ではないんですね。

ってかクローンだけど、片足が義手なんですよね、彼女。
それはオリジナルのサチカが既に義足の状態で、それを元にクローンを作ったからでしょうか?
気になるとこですな。

ザンキゼロは主に8つのダンジョンを攻略していくのがストーリーの主軸となるらしいです。

それぞれのダンジョンにそれぞれのキャラクターシナリオが存在し、それぞれの過去の出来事についてリンクしている。

…つまり各クローン達のバックグラウンドを知ることができるらしいです。それはクローンの彼らのことではなく、おそらくオリジナルのものでしょう。

っていう感じでね。
まだ情報がそこまで多くは出ていないようですが、発売はもうすぐです。

うーむ、夏が待ちきれない・・・。

今年の夏も、ひきこもるぞ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする