【FARCRY NewDawn】#5 敵の敵は味方理論

(2018/2/23 ブログ更新)

前回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら
次回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら

※この記事にはFARCRY New Dawnのネタバレが含まれます。

ハイウェイマン:うわああああああああああああああ

こんにちは!ぽんたこすです。

小屋の扉がバタンッ!と開いて、中から火だるまになったハイウェイマンが出てきました。あれ?火炎瓶投げたっけ?って思いましたが心当たりはなく、仲間に敵を燃やすスキルを持ったモーガンフリーマン(神父さんの名前忘れました)もいないので、???ってなりました。

小屋の中にはハッチ的な扉がありました。なるほどなるほど・・・。この中に侵入したハイウェイマンがなんやかんやあった結果、火だるまになった・・・と。

いったい何があったんだ(*´Д`)

近くの小屋に謎のオブジェがありました。スイッチを押すと、それぞれ番号が割り振られた魚が順番にピチピチ動いています。なるほどなるほど。意味なくこんなものが設置されているはずもないので、ハイウェイマンが火だるまになっていたことと何かしら関係があるのでしょう。ってかトラップ一択だろう。

ってことで、魚の装置を動かしてピチピチする順番を覚えてからハッチの中に突入。

いたいた。ハッチの中にも魚のオブジェがありました。しかもそれぞれの魚のにボタンがついています。さきほど覚えた順番どおりにボタンを押して・・・と。

はい、開いた!

これに失敗してたら私も火だるまになっていたのでしょう。どうせなら一回失敗すればよかったですね。何事も経験ですし。

特定しました

この中にラッシュがいます。

ラッシュとは主人公と一緒に各地を回って復興活動的なことをしていた仲間で、ゲーム冒頭でハイウェイマンに捕まってしまいました。

そんなラッシュの居場所をつかんだのはいいもの、扉が開かない。扉の前にいっても「鍵がかかってる」的なメッセージが出る。鍵が見つからない。敵が持ってるのかな?

鍵が見つからな過ぎてダメもとで扉にダイナマイト投げましたからね。もちろん扉は開きませんでしたけど。

ってか真横の机の上にあった。超盲目。

扉をあけて中を探索。

見張りが数名いたけど軽装の弱いやつらだったのでなんの問題もなく先に進む。

いた!ラッシュだ!

いやぁ無事でよかった!絶対ダメだと思ってましたもん。ニックを救出したときにも思いましたけど、たぶんダメなんだろうなって。だけど普通に生きていた!「ありがとう、キャプテン」ですって。・・・あ、主人公は通称キャプテンだったな。すっかり忘れてた。

ラッシュと一緒に機関銃つきの車で脱出。

ラッシュが運転して私が銃をうつ。この相棒感良いですね!

私たちのアジト”プロスペリティ”に到着。皆が出迎えてくれています。カルミナとは面識があるので、彼女もめっちゃ喜んでる。足の関節が外されていたようなので、キムに治してもらいます。

関節をハメた数秒後に「よし、これからの作戦立てよう」的なことを言い出したので全員「いやいやいやいや」的なリアクション。さすがに今は休んでおけよ、っていう意味です。

さっきまで監禁されていたわけですからね。とりあえずぐっすり眠ってほしいですよね。

報復

ラッシュの提案で、皆の士気や活気を上げるためにちょっとしたレクリエーション(バーベキュー)を催す。集団慣れしているというか、資源を生成するスキルだけではなくこういう所にも気を配れるってのは良いですね。良い上司です。上司ではないか。

そんなときに近くで花火が上がる。

住民:ハイウェイマンだ!

あ、ハイウェイマンだったのか!「わぁキレイ」って思っちゃいました。

外に出たらミッキーとルー、そしてハイウェイマンに捕まってしまった子供たちが・・・人質はまずいな。抵抗できない。

彼女たちがここにきた理由はもちろん報復です。ラッシュを取り返した件や、それ以外にもキャプテンがプロスペリティにきてからハイウェイマンの邪魔ばかりしていることに対して文句を言っています。

そして(何もせず)帰っていきます。

あれ?文句言うだけでいいの?って思ったけどハイウェイマンはプロスペリティの周りを囲んでいるようです。これから総員で攻めにくるとのことです。そりゃそうだよなぁ。

また、キャプテンをここでころさなかった理由は、英雄扱いさせないためらしいです。殉教者的な扱いになって他のプロスペリティの人々の士気があがるのを懸念しているかららしいです。

返り討ち

はははっ!雑魚が群れてらぁ(//∀//)

ヘルメット被った処刑人?と呼ばれるハイウェイマンがくるとちとキツイのですがこういうタンクトップしか着てないような奴だったらいくらきてもいいです。

途中、ナナちゃんが何度か倒されてしまいました。ここの戦闘ではカルミナかモーガンフリーマン(神父の名前忘れた)のほうが向いてますね。ダイナマイトやら火炎瓶がかなり有効な地形なので。

たくさんの敵が車やらパラシュートやらできましたが、特段問題なかったです。

ついにアーサーのところ行くの?

たくさんの犠牲者を出してしまった・・・。今回は襲撃に耐えることができたけれども、今後何回かハイウェイマンに攻め込まれてしまったらいつかは陥落してしまう。

そこでラッシュが提案をする。ハイウェイマンの集団に銃を持たずに立った2人で攻めいり部隊を壊滅させた奴らがいる。そいつらはハイウェイマンの銃弾を食らって何食わぬ顔で帰っていった。どうやらクスリ漬けにされているようで痛みを感じないらしい。そいつらの強さの秘密がわかればハイウェイマンに太刀打ちできるかもしれない、と。

あ・・・・薬ってアレじゃん。

祝福じゃん。気持ちよくなれる緑の煙。

つまりエデンズゲートの面々のことじゃん。いや、今はエデンズゲートではなくニューエデンだったな。

キム:ジョセフ・シードのところへ行こうって言うの?

キムは反対します。そりゃあそうだ。ジョセフシードがどれだけ酷いことをしてきたのか忘れられるわけないですからね。特に夫のニックは胸あたりの皮膚は剥がされてますし。(・・・やったのはジョンシードだけど)

だけど今の状況じゃあハイウェイマンに居場所や武器、食料などすべて奪われてしまうのも時間の問題。それだったらジョセフのところに行って強さの手がかりをつかむほうがマシですよね。

敵の敵は味方理論ですわ。

ついにジョセフが登場するのか!めっちゃ楽しみだな。

ってことで、ニューエデンまでいってきまーす(゚∀゚)

つづく。

前回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら
次回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする