【ウォッチドッグス2】 舞台はサンフランシスコへ! 1日目

(12/04 更新)

皆さんこんにちは!

ぽんたこすです。

いやー、めっちゃ楽しんでますよウォッチドッグス2(watchdogs2)

FF15もあるしポケモンもあるし

今はゲームをやる時間があっても、

全然遊びきれないという超贅沢な毎日です。

※この記事にはウォッチドッグス2のネタバレが含まれます。

未プレイの方やネタバレを見たくない方はご注意ください。

ウォッチドッグス2 プレイ日記 1日目

さて、さっそく遊んでみました!

watchdogs_1_2

(薄暗くてごめんなさい)

今回の主人公は彼です。

マーカス・ホロウェイ

通称Retr0

ブルームになんらかの恨みをもつ青年です。

watchdogs_1_1

物語はマーカスがなんらかの目的でctOSタワーに侵入するところから始まります。

今回のctOSはversion2.0です

ウォッチドッグスではctOS version 1.0が主流でしたが、

前作のエンディングでブルームがctOS version 2.0を発表しました。

watchdogs_1_3

マーカスが施設に侵入するところをカメラをハッキングして監視している者たちがいます。

建物に侵入し、前作のエイデンみたいなビジランテっぽいマスクを着用するマーカス

watchdogs retr0

前回のウォッチドッグスでもそうでしたが、

watchdogs_1_6

電子ロックのかかった扉を解錠するのにアクセスキーが必要だと言われます。

アクセスキーは警備員がもってたり、PCの中にデータがあるので、

それをハッキングして手に入れるのですが

上記画像のアクセスキーをさがしても

それらしいものが行動範囲内では見つかりませんっでした。

そこで、ウォッチドッグス2で追加された新機能をつかってみました。

watchdogs2 ネットハック

ネットハック(; ・`д・´)

前作でカメラや人をハッキングするときって、

自分、またはカメラから直接見えるものでないと認知できず、

ハッキングをおこえなかったのですが

今回より導入されたネットハックでは

壁などのオブジェクトをこえて、

その先にあるものをハッキングすることができます!

神様かよ、って感じの機能ですね。

ネットハックはオブジェクトをこえられるというだけでなく

重要情報がオレンジ色にみえたり、

アイテムが青く光ってみえたりなど、

とても便利な機能になっています。

watchdogs ホットアイル

サーバのホットアイルに入って、直接作業をするマーカス

このホットアイルというのはサーバ機器のラック背面同士から天井への熱い空気が流れるエリアのことをいいます。

サーバというのは稼働してるとものすごい熱量になり、

このホットアイルの温度は50度を超えているとのことです

マーカスはここまでしてctOSに侵入したい理由があるようです。

watchdogs_1_8

あ、なるほど

ctOSに記録されている自分の個人情報を消去するためなのですね。

といっても、マーカスの記録というものはデタラメなものばかりで構成されており、

重要人物として記録されています。

ってことで

削除しまーす(´▽`)

watchdogs_1_9

あとは脱出です。

サーバに侵入する過程で、シャットダウンしてしまったので、

もちろん警報がなって、警備員の方々が続々やってきます。

気絶させることができる電気系のオブジェクトをつかったり、

ころころ隠れながら見つからない様に階段を下りて行き・・・

watchdogs_1_10

無事脱出!

ポーズがまたね。アメリカっぽいですね笑

そして・・・

watchdogs_1_11

外に出たら即効覆面男に捕まるマーカス氏

watchdogs_1_12

と思ったら

デッドセックへの入会テストだったようですね!

そんなテストに見事合格したマーカスくんは

デッドセックの新メンバーに認められましたとさ。

watchdogs_1_15

仲良くみんなでキャンプファイアー(´▽`)

これからデッドセックとしての八カーライフがまっているわけですよマーカスくん

いやー、これから楽しみですね

↑今回の記事の動画です。(無編集)

ウォッチドッグス2 – PS4

新品価格
¥6,880から
(2016/12/4 13:42時点)

ウォッチドッグス2 初回生産限定特典「ゾディアックキラー追加ミッション」ダウンロードコード同梱&【Amazon.co.jp限定】オリジナルカスタムテーマDLC 2種配信 – PS4

新品価格
¥15,800から
(2016/12/4 13:43時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする