【嘘つき姫と盲目王子】プレイ日記#8 石を見たら殴りたくなる衝動

(2018/6/21 ブログ更新)

※この記事には嘘つき姫と盲目王子のネタバレが含まれます。

▶前回のプレイ日記はこちら
▶次回のプレイ日記はこちら

もしかしたら天職かもしれない…

こんにちは!ぽんたこすです。

狼(年齢 不明/職業 姫)は自分に最も適した仕事を見つけてしまったかもしれません。

その仕事とは・・・

石を殴って、運ぶこと。

しょっぼ( ゚Д゚)

なめんなよコラ。
この石運び作業がどんだけ大事か。

このゲームに出てくるスイッチの三分の一は石を置くことによって作動します。
三分の一って微妙か。半数以下だもんな。アピール失敗。

マジで狼の石運びは最高。
めっちゃスムーズに運べるからね。

運ぶというか、投げるイメージに近いですね。
投げる・・・ほうる?同じか。

王子に石を運ばれることもできるんですけど、くっそ遅い。
マジでできるかぎり王子には石を持たせたくない。遅いから。
遅すぎて場の空気が悪くなるから。

だから狼は決意しました。

石運びの鬼になろう!と( `ー´)ノ

おっ!新しい石が降ってきましたよ。

・・・なんだこれ?無限ループのごとく石が繰り返し降ってくる・・・

降ってくる石を殴り飛ばしたい・・・。

私(狼)はそう思いました。

タイミングよくパンチすれば、石が吹っ飛ぶはず。

落ち着け・・・1,2,3でいこう。

1,2・・・・3!

ブンッ!

よしっ!当たった!

おっ?(‘ω’)

おっ?(‘ω’)

・・・・。

正方形の石が長方形の石に変化して返ってきた(´゚д゚`)

もうわからない。
仕組みがまったくわからない。

「あなたが落としたのは金のオノですか?それとも銀のオノですか?」

的なノリで意図しないところで良いものをプレゼントされた気分ですわ。

この長方形の石のおかげで

王子を渡らせることができたからいいや。

ちなみに・・・

さっきの正方形の石が長方形の石に変化した謎についてですが

狼が殴った石をウーマロ1がキャッチそしてリリース。
その石をウーマロ2がキャッチそしてリリース。
その石をウーマロ3がキャッチそしてリリース。
その石をウーマロ4がキャッチそしてリリース・・・

って感じでバケツリレー的な感じで↑のスイッチの上に石が乗ったってわけです。
そしてスイッチが起動して長方形の石が落ちてきたという流れだったのですね。

ふーん。

ま、計算通りよ(;^ω^)

(運も才能のうちだべ)

魔物の中で個人的に一番可愛いと思う

超ピンチじゃね?

狼になれば敵じゃないのだけれど、この数はまずい。
王子を守りきれない( ;´Д`)

・・・って不安もありましたが、
この子たちからは敵意を感じません。

赤ちゃんだからでしょうか?

ピー!ピー!言っててひな鳥みたいですね(//∀//)

その可愛いひな鳥に

食われかけましたけどね

食べちゃダメ!

と、姫タックル!

狼の姿になったらひな鳥たちの命無いですからね。
情けをかけてやりましたわ。

でも可哀想だな(;_;)
泣いてるじゃん。

そもそも、ひな鳥は王子を食べようとしてなかったらしいです。
あんなにキバむき出しにしてましたが、狙いは王子ではないらしいです。

この子たちの好物はで、王子から花の香りがしたから、王子の持っている花を食べようとしていたとのことです。(花は姫がプレゼントしたもの)

「この花は大切なものだから渡せないよ」
と断り、代わりにこの子たちが食べる用の花を取ってくることに。

おっ!まーたおつかいかなぁ(//∀//)

姫は石運びに目覚め、王子はパシりに目覚める。

そんな生活も悪くないのではないでしょうか。

ってことでね、

ちょっくらおつかいに行ってきますわ(‘◇’)ゞ

▶前回のプレイ日記はこちら
▶次回のプレイ日記はこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする