【背面ボタンアタッチメント】君はこれを使いこなせるかい?

PVアクセスランキング にほんブログ村

(2020/1/17 ブログ更新)

予約するの忘れてたんですよねぇ・・・

こんにちは!ぽんたこす。

あ、コレの話ですよ。

PS4コントローラーの背面ボタンアタッチメントです。

今日発売ってことすら昨日まで忘れておりました。

今朝ダメもとで職場近くのヨドバシへ開店直後に突入し、割と余裕で購入しました。店員さんに聞いたら在庫は結構あるらしく、「コントローラー2個あるし、もう1個買っとくか」と思い午後過ぎに再度ヨドバシに行ってみましたが、そのときには既に在庫がなくなっておりました。昼あたりには無くなってしまったのだろうか・・・。

念のため朝イチで買いに行って正解だったかもしれません。

箱から出してみました。

とてもシンプルなデザイン。シンプルじゃないと邪魔になっちゃいますよね。

これをコントローラーにぶっさすと・・・

こんな感じになると。

コントローラーを手に持った感じは最初違和感ありました。違和感があるだけで持ちづらいとかは無いんですけどね。唯一押しづらくなったボタンはPSボタンでしょうか。っつってもPSボタンは誤って押してしまう可能性を考えれば、押しづらくなったほうがいいのかもしれませんが・・・。

コントローラー背面はこんな感じ。

背面に右ボタン&左ボタンが設置されています。この両ボタンに〇ボタンやら×ボタンを割り当ててコントローラー操作のバリエーションを増やそう!的な感じです。

背面ボタンへの割り当て設定はこんな感じ。

指的には中指か薬指で背面トリガーを使うことになると思いますが、手が大きい人やかなりガッチリ力強くコントローラー握る人は確実に誤操作で背面ボタンを押してしまうと思うので、工夫や慣れが必要ですね。

誤操作しても問題ないボタンを割り当てる、というのも方法の1つかもしれませんね。




結局何に活用できるんだ?

PS5の標準コントトーラーに背面ボタンがついていて、今回の数量限定販売はそのテスト的なものなのかなって思いました。

なので、いろいろな活用方法を見出したり、背面にコントローラーがあることの問題点などを洗い出したら何かの役に立つかもしれません。

ってことを考えつつ、実際背面ボタンアタッチメントはどんなゲームで役立つのか考えてみました。

その1 L3深押しでダッシュする系のゲーム

ここ最近のゲームってL3(左ジョイスティック)深押しすることでダッシュだったり早歩きできるゲーム多いですよね。それ系のゲームで背面ボタンアタッチメントが役に立つのではないでしょうか。

背面左ボタンにL3をセットし、(たぶん使わないけど)背面右ボタンにはR3をセットします。そうすることでジョイスティックを深押しすることなくダッシュすることができます。

左ジョイスティックって異様に壊れやすくないですか?左ジョイスティックは一番使用率が高いってのが主な原因だと思いますが、L3ボタンを使う(=深押し)もその原因となっている気がします。

上記のように背面ボタンにL3を割り当てることで、コントローラーの寿命も伸びるのではないでしょうか。

その2 □とか×でダッシュする系のゲーム

またダッシュの話でごめんなさい(;・∀・)

□ボタンや×ボタン押しっぱなしのゲームにも背面ボタンアタッチメントが役立つのではないでしょうか。

〇×△□ボタンは右手の親指を使って操作すると思いますが、このうち1つがダッシュボタンだと、親指がダッシュのためにつきっきりになることありません?

ダッシュしながらほかのボタンで攻撃したいときって親指がかなり忙しくなってしまうので、ダッシュの役割となる×やら□ボタンを背面トリガーに割り当てれば親指の操作がやや楽になるのではないでしょうか。

ロックマンXやクラッシュバンディクーでダッシュジャンプ(スライディングジャンプ)するときにも背面ボタンを利用することで操作しやすそうな気がします。

格闘ゲームを普通のコントローラーでやる場合

格ゲーはアケコンでやるのが一番ですが、みんながみんなアケコン持ってるわけではないでしょうし、普通のコントローラーで格ゲーをプレイする方も多いのではないでしょうか。

具体例は思いつきませんが、上手いこと割り当てればそれなりに操作しやすくなるのではないでしょうか。…と、さすがに提案が雑すぎますね(;´Д`)

〇□×で気を溜めることができた昔のKOFとかだったら、〇と□を背面ボタンに割り当てて、溜めアクションを簡易的にできたかもって思いました。

でも格ゲーって操作が激しいから背面ボタンめっちゃ誤操作しそう笑

ごめんなさい。模索中です。

活用法ぜんっぜん思いつきませんでした!

ってか今日発売なんで思いつかなくて当たり前ですよね。これから少しずつ検証していけばよいのかな、と。これからプレイするゲームで無理やり使ってみて有効な利用法を見出したいと思います。

ただ、今日少し使ってみて背面ボタンアタッチメントに感じたことは、背面ボタンあっても無くてもいいや。です。以上!

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール