【FARCRY NewDawn】#7 ファーザーはガチでファーザーなのね

(2018/2/26 ブログ更新)

前回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら
次回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら

※この記事にはFARCRY New Dawnのネタバレが含まれます。

こんにちは!ぽんたこすです。

前回の記事でfarcry5の主人公がその後どうなったのかが判明したわけですが・・・

ジャッジ(前作の主人公):・・・・・。(こっちへ)

キャプテン(主人公):・・・・。(はい)

無口が二人そろうと地獄よ。まだ言葉をしゃべれない犬やイノシシのほうが喋るからね。バウッ!だったりブヒッ!だったり。ジャッジくんは喉が潰れてしまっているようなので、本気で喋れない。呼吸すら苦しそうですもん。本間朋晃がぜんぜんマシなレベルよ。

そんなジャッジくんが仲間になるのはもう少し先の話になりますが、彼が元新米保安官であるという事実を知ってから彼のことを意識してしまいましてね。他のキャラとのカラミとか常に監視しております。全然絡まねぇけど。

さて、先日ジョセフの書的なアイテムを手に入れジャッジくんにジャッジされた結果村の中に入ることを許されました。村の中は機械など文明が一切ない弥生時代的な雰囲気です。木と藁の家。布や皮の服を身にまとった人々。子ども達も普通に生活しているようですね。

ジャッジに連れられ、一番偉い人が住んでそうな小屋へ。ファーザーことジョセフ・シードの絵が飾られています。プチ祭壇的な感じでしょうか。

そのとき何者かに後ろから声をかけられました。

本をよこせ的なことを言われたので「・・・・。」と無言で手渡すキャプテン。あ、無駄に無言を強調したけどコイツいつも「・・・・。」ね。シャイなのよ。

ジョセフの書をキャプテンが持ってきたことに驚いている様子。そして若干嫉妬されているような言動も・・・。この男はイーサンという名前でファーザーのことを親父と呼んでいる。まぁある意味ファーザーは日本語で親父だけどさ・・・。・・・ん。

あ・・・ファーザーがガチのファーザーなのか。

イーサンのお父さんがジョセフ・シードなのか。

本当の家族いたんだ。へー。イーサンはジョセフが嫌いな様子。まぁ彼は好かれにくいだろうけど、過去になにがあったんでしょうね。

イーサンはここしばらくジョセフの姿をみていないらしい。によるとジョセフは既に亡くなっていると。マジかよ・・・。たしかについさっき(前の記事)ジョセフの幽霊的なやつに遭遇したけど。零体の可能性があるのか。こわーい。

選士に会ってこいってさ

すっご!

みてよコレ。ノコギリの刃をバシュと飛ばして敵をシャーするやつ。最初の敵に当たった後跳ね返って横の敵に当たって跳ね返って後ろの敵に当たるっていうね。すっごいエコ!こういう便利な武器好きです。

ちなみに、武器の名前は忘れました。

あ、選士(せんし)さん!

イーサンに選士さんに会ってどうのこうのしろ的なことを言われたのできたわけですが、なんかぁ・・・ニューエデンの皆さん(イーサン以外)みんな良い人ばかりでとても安心しました。ぜひとも一緒に協力して戦いたい。(イーサン以外の)みんなともっと仲良くなりたい。

この通称「選士」さんにこの洞窟に炎を灯せというお題をいただいたので早速燃やしにいきました。この洞窟の中に祝福(あまり吸わないほうがいいガス)を充満させて、それに火を付ければいいとのこと。

はい、ってことで洞窟内にあるバルブを破壊して、祝福を充満させt・・・

くるしいいいいいいいい(;´Д`)

めっちゃダメージ食らう!は、はやく高いところに上がらなきゃ。(ここで回復薬2個消費しました)

命からがら高いところに登り、右手には火炎瓶をスタンバイ。

ぽいっ

あぁ・・・・やっちまった(*´Д`)やっちまったよぉ

外に逃げよ。

ちょっとこれやりすぎじゃね?選士さんの後ろ山火事よ、それ。選士さんは「よくやった!」的なことを言ってくれるけど、若干引いてるっしょ。「うわぁ・・・こいつマジでやりやがった」って。

ま、火をともしたことでみんなが褒めてくるからいいや。ニューエデンの村に戻ろう。

人気者

そのポーズやめろや。

つい先日別のやつにもやられたんだよソレ。

ニューエデンの村に戻ったはいいものの、イーサンにめっちゃ悪口言われてる。アイツは罪人だ!的な。だけど村人たちはさっきの洞窟に火をともしたキャプテンのことにかなり好印象な様子。

イーサン:罪人を許すな!

村人:あの人は聖火を灯した。ファーザーは罪人を許してくれる。

イーサン:家族たちよ!この罪人がファーザーの迎えとしてふさわしいと、心から言えるか?

村人:えぇ!間違いないわ

イーサン:・・・・・。

なんかアンタ・・・可哀想ね。

なにわともあれファーザーのもとに行く権利的になものを手に入れたので、ちょっくら行ってきますわ。命がけのクルージングにな。

北の地は祝福だらけで、ゆったり進んでいるとどんどんダメージを受けて、そのまま倒れてしまいます。だから要所要所にある薪に火をともしたら祝福から身を守ってくれるらしいので、ボートで全力で近づいて火矢をビュンと撃ちましょう。

そして北の奥地に進み・・・

ついにファーザーがいるであろう小屋にたどり着きました。

し、失礼しまーす。

生きてますかー?(;´Д`)

つづく。

前回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら
次回のFARCRY NewDawnプレイ日記はこちら

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする