【アンダーテール】プレイ日記#2 戦わなければ生き残れないわけではない

(2018/2/28 ブログ更新)

前回のアンダーテールプレイ日記
次回のアンダーテールプレイ日記

耳が気持ちいよね、アンダーテール。

こんにちは!ぽんたこすです。
お久しぶりのアンダーテールの記事です。

ちょっとしたニュースです。

2018年5月24日にパッケージ版が発売されます!
特典が地味に豪華なので、DL版で遊んでる私も購入を迷っております(;^ω^)

アンダーテールに興味をもった方はぜひ!
アンダーテールファンの方もぜひぜひ!

トリエルのもとを去り・・・

前回、トリエルママを倒してしまったぽんたこす(主人公)

後々気付いてい締まったのですが・・・

あれ、倒さないこともできたんですよね( ;∀;)ごめんなさい
(後々、倒さないパターンでプレイしました)

扉の先に進み、↑のような雪道を進んでいると後ろに黒い影が。

その正体はガイコツの青年でした。
年齢わかんないけど、青年って感じがしました。

彼の名前はサンズ
外部からニンゲンがやってこないか監視をしているとのことです。
監視といっても、あの門から入ってくるニンゲンを見ているだけで、普通に通しちゃってますけどね笑
終始ふざけています。

あともう一人。

こちらもガイコツ。
彼の名前はパピルス。サンズの弟です。










このガイコツの兄弟が非常に愛らしい。
パピルスは監視としてのお仕事を一生懸命やっていますが、
色々と抜けている為、全く監視として作用していません。

感覚としては友達と遊んでる的な。

だけど仕事柄、ぽんたこすのことを敵視しています。
敵視というっても、憎しみはない感じ。ほん
パズルを駆使してがんばって主人公のことを足止めしようとします。

パズルっつっても、謎解き要素はゼロ。
なぜなら、パピルスがマヌケすぎてパズルとして機能していないから。
そういうところも愛らしい。


これは行く手を阻む謎ですらない。ただのクイズ。

パピルスはパピルスなりに任務を全うしていますが、
感覚としては、友達と遊んでいる感じ。

パピルスとの戦闘

そんなパピルスとついに戦うことになりました。

うーむ・・・。

トリエルの二の舞にならなきゃいいんですけどね( ;∀;)
できる限り倒さない方法を模索しながら、戦っていこうと思います!

ぽんたこすLV5・・・。

このゲーム、敵をどれだけ倒したかでストーリーに影響があると聞きましたが、
LV5になってるってことは結構な数倒しているのですね私は。

いくら倒したらストーリーに影響するのか。
一匹でも倒したらストーリーに影響するのか。

ま、考えても仕方ないか。もうLv5だし。
極力倒さない方向で進めていきますかね。

パピルスは特殊な青攻撃とやらをやってきます。
↑の青い骨攻撃ですね。

青い骨攻撃のときは静止していればダメージを喰らわないので、それを理解しておけばOKです。
ただ、なにげに静止しなきゃいけないって難しいんですよね。
しかも通常攻撃もしてくるため、頭の中がごっちゃにならないように気を付けなくてはいけません。

こっちは自分(ハート)が青になってしまうパターン。
いつもの赤いハートは十字キーの操作で好き勝手に動けるのですが、
青いハートになると重力的なものが発生して、地面という概念が生まれます。

つまりジャンプを駆使して、相手の攻撃を避けなくてはいけません。

パピルスに対してこうどうを選択し続け、パピルスの攻撃をひたすら避け続け・・・

パピルス:
どうだ・・・ハァハァ・・・わかったかッ!きさまに・・・ハァハァ・・・オレさまは倒せん!
ではここでいだいなるパピルスさまが、なさけをかけてやろう!
ニンゲンよ、きさまをにがしてやるぞッ!

やっとここまで持ってこれた。

トリエルのときは戦う以外の道を選ぶことができませんでしたが、
今回は逃げることができました。

なるほどな。
毎回なんとかして逃げるか、逃がすかの選択肢が発生する流れまで持っていくと。

ということで戦闘終了!

戦闘後、パピルスとは友達になりました。

友達になったついでに外にでる方法も教えてくれました。
パピルスによると外に出るためにはバリアを突破すれば地上に出れると。
強いタマシイを持つものが突破できると。

だから王様がニンゲンを狙っていると。
ニンゲンのタマシイを手に入れて、地上に出るために。

パピルスいわく、王様は優しいとのこと。

おそらく今後主人公と争うことになるとは思うんですけど、
敵が優しいほど、やりにくいものはないですよね。

できるかぎり、倒さない選択肢を選んでいきたい。

前回のアンダーテールプレイ日記
次回のアンダーテールプレイ日記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする