【DaysGone】#6 メルル・ディクソン

(2019/5/19 ブログ更新)

※この記事にはDaysGoneのネタバレが含まれます。

前回のDaysGoneプレイ日記はこちら
次回のDaysGoneプレイ日記はこちら

右手の代わりに、ナイフつけてみました。

こんにちは!メルル・ディクソンことぽんたこすです。

(※メルル・ディクソンが分からない人は人気海外ドラマ「ウォーキングデッド」を観てね)

ディーコンは腕を失ったブーザーに何かできないか色々と考えているわけです。ブーザーのバイクをキャンプまで運んできたりね。義手用ナイフもその一環ってわけです。喜ぶかなーって。

一応喜んではいるみたいですが、それでもブーザーはやや元気がない様子です。以前のようなブーザーらしいブーザーではなく、生きる気力を失っている様子。

そんなブーザーが・・・・

いなくなってしまいました。

消えたブーザー

ディーコンは追跡ができます。(コープランドに教えてもらいました) その技を使ってブーザーを追跡してみると、彼は酒をたらふく飲んでフラフラとどこかへ出歩いているらしいです。

別に今私たちが生きている世界で酔っぱらって外で歩く分には何の問題もありませんが、ゾンビだらけの世界で出歩くとなると話は別です。

もしかしてブーザーは自暴自棄になっているのでは?

「もう死んでもいいや。むしろ死にたい。」と考えているのではないか?

心配ですね・・・。

ひたすら探し回り、ブーザーを発見。

やはり自暴自棄になっている様子でお酒たらふく飲んでベロンベロンになっています。しかもブーザーのちょい先にはフリーカーの大群が・・・。

ブーザー本人が本当に死にたがっているわけではないとは思いますが、もうどうなってもいいような様子。もちろんディーコンはブーザーを放っておくことなどしません。

ブーザーは過去の奥さんを亡くしており、その時も自暴自棄になり浴びるほど(致死量レベルで)酒を飲んでいたそうです。そのときディーコンは「お前がその気なら俺も一緒に死ぬまで飲む」と体を張って考え直させたらしいですが、今回も「お前がここに残るなら俺も残る。俺達はここで終わるのか?違うだろ!」と体を張って説得しました。

この二人のバイカー時代のエピソードは本人たちの口からしか語られていませんが、お互いが義兄弟として接するようになるまでの過程がどても気になります。相手の為に命を張れるようになるまでどのようなことがあったのでしょうか・・・。

こええ・・・

2~3回フリーカーにかじられましたが、なんとか無事にキャンプまで帰りつきました。

サラは生きている?

これはサラの墓です。墓っつってもサラはここに埋まっているわけではありません。そもそもサラが亡くなったことが明確にわかっているわけでもありません。

いや、状況的に十中八九亡くなっているんですよ。最後にサラと別れたときに彼女は大怪我を負っていました。その後サラを乗せたヘリの目的地とされていたキャンプもディーコンが訪れたときには誰もいなかったらしいです。

ディーコンはその真相を確かめるため、当時サラをヘリに乗せてくれたオブライエンとコンタクトを取っていました。

白い防護服の男はオブライエンです。2年前のパンデミック時にサラをヘリに乗せてくれたNEROの職員(当時は大学院生)です。ディーコンがNEROの無線機を偶然手に入れ、今ではサラの調査を条件にオブライエンの依頼を受けるという関係性です。

オブライエンにはサラの行方について調べてもらいました。サラは2年前腹部を刺された後に、NEROのヘリに乗って病院に運ばれ、そこで一命をとりとめたらしいです!

まさかサラが生きている?ずっと死んでいると思っていたサラが生きている?

しかし、そういうわけではなく・・・

その後、サラがいたキャンプはフリーカーの襲撃に合い、そのせいでキャンプは壊滅してしまったらしく生存者は誰もいないらしいです。つまりサラは・・・。

消えたブーザー その2

ブーザーがいなくなりました。いや、今回は自暴自棄になったとかではありません。↑のオブライエンとの密会にブーザーを連れてきていたんです。ブーザーにはバイクで待っているよう言ったのですが、戻ってきてみるとブーザーはおらず死体となったリッパーがいました。

死体をもとに追跡してみると、その先にも大量のリッパーの死体や犬の死体が転がっていました。おそらくリッパーを倒したのはブーザーだと思いますが、めちゃくちゃ強いですね。

痕跡を頼りにブーザーを発見。ブーザーは傷だらけの犬を介抱していました。どうやらリッパーが犬をころして回っており、それを目撃したブーザーがぶちキレてリッパー達をボッコボコにしたようです。

めちゃくちゃキレている様子から、ブーザーは犬が好きみたいですね。ただただ動物が虐待されているから倫理的に不快感を抱いてキレるようなタイプではないでしょうからね。

この後大量のリッパー達に襲われましたが、二人で仲良く殲滅しましたとさ。

義兄弟

ブーザーはディーコンに結果について聞きました。結果というのはサラについての調査結果です。ディーコンは言いたくないため突き放しますが、それでもしつこく問い詰めるブーザー。

ブーザー:どうだった?サラは生きてるのか?

ディーコン:それくらいにしとけ。さもないと・・・

ブーザー:はっきり言えよ。サラは?

ディーコン:てっめぇ( `ー´)ノ

KA・E・RI・U・CHI !

ブーザーくっそ強い。

片腕の男に1発もパンチを当てられず、逆に顔に3発食らってしまったディーコン。

ブーザー:満足か!?・・・で、サラはどうなったんだよ!?

ディーコン:死んでたよ・・・。

ブーザー:そんなのわかってたことだろう!今さら。自分を責めるんじゃねぇ!

ずっと過去に未練を抱いているディーコンを自分なりの方法で救うブーザー。やっぱいいですよねこの2人。誰よりもお互いのことを理解し合っているからこそこんな世界になっても依然と変わらぬ関係性でいれるのでしょうね。

未練を断ち切る

サラと結婚式を挙げた教会にやってきました。

目的は過去(サラ)を断ち切るため。

ディーコンは全てを吹っ切るため、教会を燃やしました。

かわいいお友達

あら可愛い(//∀//)いっぬ

こんなちびっこくて可愛らしい犬がよくここまで生き残ってたな。いや、ちびっこいからこそフリーカー達に見つからずにやってこれたのかもしれません。

ディーコンはこの犬をキャンプに連れて帰り・・・

ブーザーに届けましt・・・なんだその笑顔(*´ω`)

これもブーザーに生きる目的を与えようキャンペーンの一環だったわけですが、思った以上に喜んでくれましたね。というか、犬でブーザー完全復活ですわ。

いやーよかった。犬が全部解決してくれた。マジでよかった。今後できなくなってしまったことも増えてしまったわけですが、キャンプの農場で仕事として、仲間や犬と暮らす日常も悪くない。そう思ってくれるとめちゃくちゃ安心。

つづく。

前回のDaysGoneプレイ日記はこちら
次回のDaysGoneプレイ日記はこちら

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする