【DaysGone】#5 この世界をどう生きるか

(2019/5/14 ブログ更新)

※この記事にはDaysGoneのネタバレが含まれます。

前回のDaysGoneプレイ日記はこちら
次回のDaysGoneプレイ日記はこちら

このゲームのメインディッシュといえば、大群のフリーカー(ゾンビ)のお掃除でしょう。プレイ日記#5にもなって改めての説明になりますが、フリーカーとはゾンビのことです。ゾンビの定義から外れるかもしれませんが、面倒くさいのでゾンビでいいです。

フリーカーの大群は↑のような洞窟などの巣にいます。巣でウーウーとうずくまっています。気候によって行動規則が変わるため、道路でばったり遭遇してしまうこともあります。(雨の日だと活発になる)

大群相手ともなると、フリーカーと戦う場所が非常に大事になります。物資が限られているため、より効率的に敵を倒すことができる場所であること。また、相手からの攻撃を受けないように立ち回れる場所であること。

例えば、洞窟内で戦う場合は敵が密集しているため銃で複数の敵を短時間で倒しやすくなりますし、爆弾や火炎瓶の効率も上がります。

はい、こちらは洞窟の中でフリーカーを殲滅しようとして失敗した画です。

こっそりしゃがんで近づいていたはずなのに、いつのまにか気付かれてしまい洞窟でダッシュで出てきました。そんなときでも焦らず洞窟から脱出してひたすら遠くに逃げればいいです。スタミナが少ないとフリーカーを撒くことは難しいですが、数回NEROの注入器でスタミナを上げておけば、ほぼほぼ逃げきれるでしょう。

それでもついてくるタフなフリーカーがいるので、そういう奴らには

火炎瓶をポイッっtあっつうううううううううううううう(;´Д`)

火炎瓶を超目の前にいる敵に投げたらこうなるので気を付けてくださいね。結構あるあるです・・・。いや、正直あるあるなのかわかりませんが、自分だけだと恥ずかしいのであるあるであってほしいです。

挨拶が遅れました。

こんにちは!ぽんたこすです。

NEROの駐在エリアで手に入る注射器でディーコンのステータスを上昇させることができます。上でも少し書きましたが、最初はスタミナを優先的に上げることをおススメします。戦闘であまりにもすぐしんじゃう方は体力に振ってもいいですが、最優先でスタミナを上げておくとかなり楽です。

むしろスタミナがあればHP低くてもなんとかなります。攻撃を受けなければ負けないわけですから。スタミナが切れると相手の攻撃を食らいやすくなってしまうため、そういった意味でもスタミナは最優先に上げるべきだと思います。

フォーカスは放置。スタミナをMAXにして体力をMAXにしたあとでいいです。暇だったらフォーカス上げる的な感じでいいです。

相棒の様子が・・・

以前リッパーにバーナーで焼かれた腕の傷の具合が悪く、ブーザーの体調がめちゃくちゃ悪いです。腕のケガといっても常に傷口を消毒して清潔を保たないと感染してしまいまい、菌が全身にまわって亡くなってしまう可能性もありますからね。

そんな心配をしていたディーコンが朝目覚めると・・・

ブーザーにショットガン向けられていました(;^ω^)

錯乱しています。ディーコンが何者かわからず混乱しています。おそらく腕の傷から脳にバイ菌がまわってしまったのでしょう。・・・いや、それだけではありません。腕自体がうっ血しており、敗血症になってしまった可能性があります。

これはまずい・・・。

このまま放置してたら感染症でしんでしまう。

ディーコンはブーザーを無理やり連れだし、抗生物質を手に入れるために昔馴染みのあるロストレイクキャンプに向かいました。このキャンプには前の記事で出てきたリッキーが住んでいます。

結果、ブーザーはこのキャンプの診療所に入院?させてもらうことになったのですが、最初はキャンプの診療所に侵入して抗生物質盗もうとしてましたからね、ディーコン。

テンガロンハットをかぶっているおじいさんがこのキャンプのリーダーであるアイアン・マイクです。おじいさんですけど力強いですし、男気があります。私は全キャンプのリーダーの中でアイアンマイクが一番好きです。マイクつながり・・・ってわけではありませんが、ブレイキングバッドに出てくるマイクに似ていませんか?顔と髪型。

昔ディーコンはこのキャンプにいたようですが、ゴタゴタがあって追い出されてしまったらしいです。しかも「次このキャンプに戻ってきたらぶっころす!」とまで言われたらしいんです。だから診療所にコッソリ侵入して抗生物質盗もうとしてたんですね笑

しかし・・・

抗生物質・・・足りないんだって・・・。

他にも診療所の患者がおり、ブーザーのための抗生物質が足りないんですって。うーむ困った・・・。このままではまずい。ブーザーにはあまり時間がないわけですよ。

そんなディーコンに悪魔の囁きが・・・

このキャンプの幹部メンバーであるスキッゾ(↑キャップの男)から薬品を積んだ飛行機が墜落した場所について教えてもらいました。しかしその場所はリッパー達のテリトリー・・・。

え?別にいいじゃん。リッパー達ボッコボコにして抗生物質も奪っちゃえばウィンウィンじゃん。(?)

・・・ってわけにもいかないようです。

このキャンプのリーダーのアイアンマイクとリッパーのリーダーであるカルロスはお互いの領土に入らないという協定を結んでいるらしいのです。頭がおかしいリッパー共と協定結ぶこと自体どうかと思いますけどね。

スキッゾはリッパーとの協定に不満があるらしく、ディーコンを利用していざこざを起こそうとしているのですね。

協定なんてどうでもいい!

アイアンマイクにはお世話になっているけれども、それとこれとは関係ないですよ。ブーザーの命が危うい状態で協定なんてどうなろうと関係ないですわ( `ー´)ノ

墜落した飛行機を発見

しかし飛行機にとんでもない奴がいた(;´Д`)!?

パッと見フリーカー同士が立ちバックしてるみたいで気色悪いのですが、後ろのフリーカーはブレイカーといって、成人男性型フリーカーの強化版。乱暴者です。触れるものすべて傷つける系男子です。いや全然男子ってガラじゃねぇけど。

めっちゃタフでした。ってか足が速いよこいつ。逃げてもスタミナ切れて追いつかれちゃうので、トラバサミをドラム缶の近くにしかけて、足を挟んだところでドラム缶撃って爆発させて丸焦げにしてなんとか勝てました。

抗生物質もゲット!

しかしキャンプに戻ると・・・

アディー:ブーザーを押さえつけるのを手伝って!

※こちらの女性はアディーといって、このキャンプの医者です。(といっても、本当は獣医)

アディーによると、ブーザーの容体が深刻なレベルまで悪化しており、今すぐにでもブーザーの腕を切り落とさないといけない状態らしい。

暴れるブーザーを押さえつけるディーコンとリッキー。

アディーはブーザーの腕を切り落とす。(音がきつい・・・)

命は助かったのだけれど・・・

呆然。

当たり前だけど、相当ショックを受けている様子。ただでさえ生きる理由なんて見つからないこんな世の中で腕を失ってしまったわけですからね。しかもブーザーはバイカーです。世紀末になってもそれは変わりません。それなのに彼が自分でバイクを運転することはできなくなってしまいました。

ディーコンは意気消沈したブーザーを心配しています。生きる希望を無くし、もしかしたら自ら命を絶ってしまうかもしれない・・・。親友として、義兄弟として、なんとしてでもブーザーを救いたい。

ディーコンはブーザーを元気づけるため

アジトからブーザーのバイクを運んでくる。

いやいやいやいや

それはまずいんじゃねぇの?(;´Д`)

いや、確かに一瞬喜んでたよ?「マジかよ!すげぇな」的な感じで一瞬喜んでたよ。だけどそのあとの寂しそうな「もうバイクに乗れないや」的な表情がなんとも言えなかったよ。昔の怖い話だか都市伝説だかで、足の不自由な子供にサッカーボールや自転車をプレゼントする悪魔のようなサンタさんのお話がありましたけど、その類のアレを感じますわ。

うーむ・・・。

といってもディーコンの気持ちはわかるんですよね。なんとかして元気づけたいけれども何をしていいのかわからない。もどかしい。

なんとしてでもブーザーを救いたい。

つづく。

前回のDaysGoneプレイ日記はこちら
次回のDaysGoneプレイ日記はこちら

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

ぽんたこすプロフィール




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする