【アンダーテール】プレイ日記#5 通知機能のウザさがよくわかる

(2018/4/5 ブログ更新)

前回のアンダーテールプレイ日記
次回のアンダーテールプレイ日記

女だったのおおおおおお!?( ゚Д゚)

こんにちは!ぽんたこすです。
アンダイン女性だったのか!

あ、女性かな?と思いつつ男性っぽさもありつつ。
よくわかんなかったんですけど、ここで判明しました。

そんなアンダイン姐さんを倒した後の出来事について書いていきます。

出っ歯ちゃん。

研究所的なところにきました。
シンプソンズに出てきそうな雰囲気のモンスターに出迎えられました。

名前はアルフィー。なるほどだから若干高崎感が・・・

やはり研究員だそうです。

この方アズゴア直属ってポジショニングらしいですが、
ぽんたこす(主人公)のことをずっと監視していたうちに気に入ってしまったらしいです。

ってことで協力してくれるんですって。

モニターにずーっと映ってらぁ(//∀//)

照れるじゃねぇか。
こんだけ監視されたら不快感を抱きそうだけど、
なんか悪い気はしねぇや。

手伝ってくれるならいいや。って感じ。
王様のところまで案内してもらおう

・・・・って思ったんですけど

ひとつだけ問題があるんですって。

↑こちらがその問題です。

コイツの名前はメタトン
アルフィーが作ったさつりくマシーンらしいです。

めっちゃふざけた見た目してるけど。
様々な手法で主人公を滅しようとしてきます。

まずはクイズ。間違えたら破壊されます。

こっそりとアルフィーが答えを教えてくれているので、
どんなに難問でも回答することができます。
手でBをつくってるアルフィーかわいい(//∀//)

ありがとな。

本当に手助けしてくれるんだな。
嬉しいよ(//∀//)

だけどな…

おまえさ…

更新通知マジうぜぇわ( ;∀;)

5歩あるくごとに近況を報告しやがって。
まともに進めやしねぇぞ!

メタトンの猛攻

メタトンは様々な方法でぽんたこす(主人公)のことを抹殺しようとしてきます。

↑これもキューピー3分クッキング的にな雰囲気を醸し出していますが、
結局、主人公の命を狙う流れになっております。

これもニュース番組感がありますが、
主人公を爆破するための演出にすぎません。

最後にオペラ。
なんでしょう…。

FF6を思い出すのは私だけでしょうか?

メタトン戦

今まで四角い機械の箱だったメタトンですが、
ついに真の姿を現します。

おぉ!カッコいい!
私のセンスが狂ってるのかもしれないですが、メタトンEXかっこいいです!

ってか音楽良いなメタトン戦。

でっでっででー♪ でっででっででー♪
でっでっででー♪ でっででっででー♪

的なやつ。

ボス戦の音楽にハズレなし。
ボス戦以外の街とかで流れる曲もいいけどね。

特に雪の街のテーマが好きです(//∀//)

さてさて、メタトン戦についてですが、
ここではシューティングゲームみたく、玉を撃ってメタトンと戦います。

青いハート →重力発生
緑のハート →盾で防御
黄色いハート→シューティング

他にもバリエーションは増えるのでしょうか?

何回か戦ってるとメタトンの弱点である心臓?があらわれるので、
それに向かって集中攻撃を仕掛けます。

そうすると腕が取れ・・・

足も取れ・・・

かなり悲惨な状態に・・・。

ここ、全然気づかなかったんですけど、
メタトン戦を終わらせるには、しちょうりつを10000以上にしなきゃいけないんですね。

こうどうでメタトン煽ったり、
番組的に盛り上がる行動をとるとぐんぐん視聴率があがります。

視聴者の声コーナーは泣ける…。
↑の視聴者ってあのオバケの子でしょ?名前忘れたけど。
みんなに元気を与えていたんだな、メタトンは。

ここまで結構長めに争ってきましたが、
最終的には私たち和解できたみたいです。

そんなこんなでメタトン戦終了。

↑コレだけみるとメタトンしんじゃった感じですが、
電気不足なだけで、充電すればまたもとのメタトンに戻ります。

よし、ボス戦で犠牲者出してないぞ!

・・・・・ママ以外は(;´Д`)

いよいよ最終局面へ

この先がコアらしい。
あ、ここがコアかも。
いや、ここに至るまでの道のりがコア?

なんでもいいや、

この先にアズゴア王がいるらしいですね。

いよいよクライマックス!
さっさと地上に戻るぞ!

前回のアンダーテールプレイ日記
次回のアンダーテールプレイ日記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする