【嘘つき姫と盲目王子】プレイ日記#12 めでたし、めでたし。

(2019/11/13 ブログ更新)

※この記事には嘘つき姫と盲目王子のネタバレが含まれます。

前回のプレイ日記はこちら

わ、忘れてたわけじゃないのだよ(;´Д`)

こんにちは!ぽんたこすです。

1年以上ぶりの嘘つき姫と盲目王子プレイ日記の更新です。

いやー、まさか1年以上空くとはね…。

全クリして満足しちゃいました。

久々なので、ちょっくらあらすじをまとめさせてください。

・王女の正体が狼であることが王子にバレてしまう。

・王子が怒り、一時離れ離れになるがひとまず仲直り

・その際に王子のランプが森の木々に引火して大規模な火事発生。

・森を住処にしている魔女ブチギレ。大暴れ。

・王子と姫は魔女に謝罪にいくことに。




魔女に謝りにいこう!

燃えさかる森の中を協力してすすむ2人。

もう終盤にも関わらず、キノコトランポリン後の着地に失敗して足骨折からのリトライとなることもしばしば。

魔女はブチギレてめっちゃ大きな化け物になっています。

この国ごと吹き飛ばさんばかりの勢いで暴れまわってるんです。

こんな状態の魔女に謝りにいくのは怖いですね。

それでもこっちの過失で森を燃やしてしまったわけですし、謝らないといけませんね。

魔女がいる場所までの道のりはかなり険しいです。

というか、このステージは最初で最後のボスステージなんですよね。

魔女に謝罪しにいくといいつつも、魔女は人の話を聞けるような状況ではありません。

化け物になって理性も失っている感じ。

ってことで・・・。

謝罪パンチ!

冷静にさせるにはやっぱコレよ。

腕力こそ正義。

…ってわけじゃないんですけど、魔女にダメージを与えたことで少しばかり冷静さを取り戻した様子。(といっても、ブチギレていることには変わりない)

このタイミングを見計らい

ごめんなさい!

姫と王子は魔女に謝罪。

魔女は許した…というよりは興が覚めた感じ。
(興でもねぇけど)

魔女は化け物からもとの魔女の姿に戻りました。

代償

ひと段落したところで姫は本来のお願いを魔女にしました。

王子の目を治してほしい!

当初の目的ですね。

魔女はこれを了承します。

しかしそのために必要となる代償はとても大きいです。

王子の目を治すために必要な犠牲として、姫への変身能力今まで王子と過ごした記憶、それと歌声を奪われてしまいました。

泣き叫ぶ王子と姫。

姫は嘘をついてしまったこと。王子を傷つけてしまったことを謝りました。

王子は姫にひどいことを言ってしまったことを謝りました。

王子:あの時、姫のことを嘘つきといってごめんね。ひどいことをいってごめんね。姫が今の気持ちを忘れても、僕が覚えてるから!だから、また…

姫は王子に本当のことを言えたことや、できればもっと王子と仲良くなりたかったという気持ちを抱きつつ、だんだんと意識が遠のいてゆき…

エンドロールへ…。

エンドロールでは王子の目が治った後の様子がテキストなし紙芝居で語られます。

目が治った途端、再度王子として扱われ始めた様子。

ここイラッとしましたね。

この国の王は、王子が目に障害を負ったら世間体を気にして王子を閉じ込めていたわけですからね。

その後王子は、お城から抜け出して探検しているようですね。

その目的は・・・

エピローグ

ある日、狼はいつもの高台で歌を歌っていました。

しかし当時の綺麗な歌声は魔女に奪われてしまったため、声質は聞くに堪えないものでした。

そんな中、王子が高台にひょこっと登ってきました。

狼にとって人間である王子は獲物。自分から食料がやってきたと王子に襲い掛かろうとしました。

王子は姫が王子を安心させるためによく摘んでいた花を狼に差し出しました。狼は記憶には残っていないはずなのにとても懐かしい気持ちになりました。

王子:また会いにきたよ、姫

その言葉を聞いた瞬間、狼の目から涙がこぼれました。

(…俺も涙腺崩壊だよ)

狼は目の前にいる人間が何を言っているのかわかりませんが、正体不明の何かが狼の心を満たしてきます。

狼はその場に座り込みました。

王子もニコニコした笑顔で狼の隣に座りました。

王子の隣でヘタクソな歌を歌う狼。

今までは月に向かって歌っていた歌ですが、

今は隣にいる人のために歌っています。

姫の歌声は素直な気持ちがこもった温かな歌声となり、

夜の森にいつまでも響き渡りましたとさ。

期待どおりの良作

このゲームのトレイラーを見た時から購入することを決めていました。

とても切ないんですよ。

こりゃあプレイしたら感情めっちゃ揺さぶられるんだろうなって。

案の定、激揺さぶられましたよ。

王子と姫の関係性から、ラストの展開は心的疲労が半端ないですわ。

ゲーム的にも良し。

難易度もちょうどよいアクションアドベンチャーで、ゲームが苦手な人でも全クリは可能なのではないでしょうか。

人によってはボリュームが足りないと感じる方もいるかもしれませんが、個人的にはちょうどよいです。

今後同じようなテイストのゲームが発売されたら絶対買うので「今度嘘つき姫みたいなゲームできますよ!」って情報掴んだ方は教えてくださいね。

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする