【鬼ノ哭ク邦】#3 良い人生だった・・・と言えるでしょうか?

(2019/9/16 ブログ更新)

※この記事には鬼ノ哭ク邦のネタバレが含まれます。

鎌最強じゃね?

こんにちは!ぽんたこすです。

幼馴染のマユラが亡くなり、マユラの守護霊的な鬼ビ人「イザナ」を受け継ぎました。

イザナは武器が鎌です。

鎌が武器って中二病みたいだなぁーって。

実用性なんて無いんだろうなぁーって。

思ってたんですけど・・・

くっそ強い。

攻撃範囲が自分の周囲全体なので複数の敵に対して有効だし、状態異常攻撃もあってダメージを通しやすいのです。

さらに武器に即死効果を付与させることで、HPの高いザコ敵相手にもかなり効率よく戦うことができます。

後半は剣&鎌&銃があればなんとかなりますね。
(というか、この3種はアクション初心者にオススメです)

鎌もいいですが、このイヌ公(名前はゼファー)の戦闘スタイルも好きです。

ゼファーは攻撃するたびに全身するため、相手のまわりをクルクル回りながら(避けながら)攻撃を仕掛けることができます。

基本、トロフィー獲得とか狙ってない限り、自分が気に入った鬼ビ人だけ使ってればいいと思います。

敵によって武器の向き不向きがあるため、幅広く鬼ビ人を育てておくといざという時に便利ですね。

ちなみに、ストーリー上何度も戦うことになる黒夜叉には剣が有効(戦いやすい)です。

剣のスピードであれば、思い一撃を放ってくる黒夜叉のスキをついて攻撃を当てやすいです。




カガチの役目

カガチは成仏しきれていない迷い人たちをひたすらに救い続けます。

彼は無口ですし感情を表に出すタイプでもないため、

何が彼の原動力になっているのかわかりません。
(その理由はいずれわかるわけですが・・・)

カガチの父親代わりであるクシは、マユラを亡くした喪失感や世の中への憎しみによって生まれた心の隙を突かれ、黒夜叉に体を乗っ取られてしまいます。

クシ(黒夜叉)によって町は半壊滅状態に。

激ネタバレですが、↑の2人は数少ないカガチの同僚の生き残りです。他の同僚たちはみんな死にます。

この国を治める女王的な人は「わらわを守れ!」系女子のため、全く役に立ちません。となりの目つきの悪い男は息子ですが、コイツも役に立ちません。

ってか、そもそもこいつらニセモノの王族なんですよ。

本物の王族(女王)を冤罪で陥れ処刑して、その後釜にしれっと入ったわけですわ。

そして、

その女王の兄が黒夜叉だったのです。

黒夜叉は既に亡くなっていますが、彼の怨念がまだ現世に残っていてこの邦への復讐を行っていると。

そして今はクシの身体に入り込み、この邦を滅ぼそうとしています。

街はボロボロだし、邦のトップはクズだし、もう地獄絵図なわけです。街の人々もこの状況に耐えられず、王宮まで暴動にきちゃいました。

カガチが説得しても市民たちの勢いが止まらず、結局全員倒すことになってしまいました。

憎しみの輪廻を断ち切る

不本意ながら、黒夜叉に乗り移られたクシを倒したカガチ。

物語を進めるにつれ、どんどん状況が悪化する一方なんですよ。

気さくな先輩が亡くなり、その恋人も無くなり、

同僚が通り魔(辻斬り)の犯人だったり、

幼馴染が亡くなったり、その原因が同僚だったり、

父親代わりだったクシを自らの手で葬ることになったり、

もう悲惨よ。

しかも、リンネの記憶が戻って判明したのですが

カガチの正体は、生前の黒夜叉が転生した姿らしいです。

生前の黒夜叉の魂(?)は2つにわかれ、片方は転生してカガチへ。もう一方は怨念として今現在暴れまわっている黒夜叉というわけですね。

ちなみにリンネは、処刑されてしまった先代の女王様です。
(なぜ子供の姿なのかは不明ですけどね。)

カガチは憎しみの連鎖を断つため黒夜叉と最後の戦いに臨みます。黒夜叉を倒すというよりは、カガチは黒夜叉を救おうと考えています。

黒夜叉を打ち破りトドメを刺そうとするも、隙を疲れて黒夜叉に入り込まれてしまうカガチ。

カガチの左目が赤いのと黒夜叉の左目が赤く燃えているのは、

元々同一人物だったからなんですね。

カガチは自分の身体の中に入り込んだ黒夜叉を、自分ごと葬ろうと試みます。

自分の胸にナイフを突きつけるカガチ。

ここねえ・・・自動で進むパートじゃなくて、プレイヤーがボタンを押して自分の胸にナイフを押し込まなきゃいけないんですけど、「これ待ってたら別の選択肢があるんじゃないか?」と思い5分くらい静止していましたよ。

ま、結局5分無駄にしただけなんですけどね(´_ゝ`)

仕方なくボタンを押し、カガチは自分の胸にナイフをブスッと刺しました。

その場に倒れ込むカガチ。

子供の姿のリンネちゃんが

大人の姿に変わりました。(生前の姿か?)

理由はよくわかりません。

薄れゆく意識の中で、鬼が復活する。・・・なんで復活したのかよくわかりませんが、この世の終わり感はハンパないですね。

でももう関係ないでしょ。だって主人公死んじゃうわけですし。

・・・あ、もしかしてこれって

バッドエンドってやつですか?( ;´Д`)やっちまったか?

・・・ってことはありません。

ここでカガチ君は亡くなってしまいましたが、ストーリーはそのまま進行します。

ただ・・・

気付いたら主人公が黒夜叉になってたんですけどね。

転生した・・・のかな?

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする