【アンダーテール】プレイ日記#13 Save The World

(2019/3/10 ブログ更新)

※この記事にはアンダーテールのネタバレが含まれます。

前回のアンダーテールプレイ日記
▶次回のアンダーテールプレイ日記

ほんとうの さいごのたたかいが ついに はじまる。

こんにちは!ぽんたこすです。

Pルートのラスボスであるアズリエルドリーマー戦です。元々は子どものヒツジの姿なのに、今めっちゃ怖い感じになってます。ニンゲンのタマシイや他のモンスターたちを吸収したことが影響してこんな禍々しい姿になっているのでしょうか。

こうどう で「ゆめ」や「きぼう」を選択できるので試しに選してみると、ダメージ軽減などのサポート的な効力を得られました。

今まで誰も倒さないように進めてきたので、アズリエルも倒さずになんとかやり過ごせるように努力しましょうかね。ってことでしつこいくらい。嫌がらせか?って思えるくらい「ゆめ」や「きぼう」を選択し続けました。

アズ「正直、どうでもいいんだ。この世界を滅ぼすとか。」

アズ「お前を倒して時空を操る力を手に入れたら俺は全てをリセットしたい。それだけさ。」

アズ「お前が進めた旅の記録もみんなの記録も、全部無かったことにしてやる!」

アズ「そうすればまた最初からやり直せるだろう?」

アズリエルの攻撃はかなり強力です。その体内に吸収したモンスターが使うような技を組み合わせて使ってきている感じ。おい!こっちは誰も倒してないからEXP0のままなんだぞ。Lv.1なんだぞ!手加減してくれ!

と、くだらないことを考えているうちに戦闘終了・・・

・・・・したかと思ったんだけど、

Burn In Despair

あ・・・羽生えおった。

第二形態的なやつだろうか。さすがラスボス。

あーめっちゃ強くなってるわ。

適した表現かはわからないけど、この精子みたいなのめっちゃ避けにくい。めっちゃ強い精子だよコレ。なんならここで一回ゲームオーバーになったし。

しばらく戦闘を続けていると目の前が真っ暗になりました。(ポケモンだったらゲームオーバーだね)

どうやら主人公も目の前が真っ暗になっており身動きが取れない様子。誰かに助けを呼んでも何の反応もないし、何をしても何も起きることがない。セーブファイルも機能を失ってしてしまったようで、セーブファイルを触ってもなにも起きない。

でも・・・

最後の力を振り絞れば別の何かを復活させることができるかもしれない。

[こうどう]が[+ふっかつ]に変わっている。

[ふっかつ]を押してみるとアンダイン、アルフィー、パピルス、サンズ、アズゴア、トリエルの名前が・・・

アンダインを選択してみる

まよえるタマシイがあらわれた

見た目は完全にアンダインだけど、主人公のことが見えていない様子。下手すると自分がアンダインであることにも気付いていないのかもしれない。[こうどう]で主人公とアンダインの今までの思い出にちなんだ行動をし、なんとかして彼女を取り戻そうとする。

アンダイン、めっちゃ笑顔で復帰。「守りたいこの笑顔」的な顔しやがって。この笑顔と戦闘BGMがめっちゃマッチしてて泣きそうになっています。

アルフィー、パピルス、サンズ、アズゴア、トリエルも同じように復活させる。これで全員復活させることに成功しました。ここの一人1人を取り戻していく演出素敵ですね。

・・・あ、まだ救うべき人物がいるようです。

もうひとり・・・。

アズ「え?なにをするつもり?」

アズリエルの体内にいる仲間達が共鳴し、アズリエルの記憶を呼びおこす。山から落ちてきた人間(ぽんたこす)を発見し、介抱する記憶・・・。このときのアズリエルは優しい男の子でした。本当は今も優しい男の子なんですよね。

なんとかして本来の彼を取り戻しましょう。

アズ「ぽんたこす・・・ボクがどうしてこんなことをするのかわかる?ボクがどうして戦って、キミをここに引き留めるのか。それはね、キミが特別だからだよ。ボクのことをわかってくれるのはキミだけだ。ボクのことをわかってくれるのはキミしかいない」

アズリエルの攻撃が極端に弱まる。精子まき散らすやつもめっちゃ弱い精子になってる。炎の玉で弾幕張ってくるやつも、トリエル戦のように主人公をわざと避けるようになりました。

アズ「これでおわりなんてイヤだよ。もうたくさんなんだ。キミみたいに、だいじなひとにサヨナラするのは。」

すべてに絶望してこの世界を壊そうとしている自分を助けようとしている主人公や体内に取り込んだモンスターたち。その状況に戸惑い自棄気味になったアズリエル。

強力な一撃を主人公に放つ。

アズ「だからお願い、抵抗するのはやめて・・・ボクに勝たせてよ!

あ、コレはまずい( ;´Д`)

いや意地でもHPは0にしない!0.1だろうが0.01だろうが0.000001だろうが、0にならなければ負けじゃない!

アズ「やめて!やめろって!!」

アズ「ボクは・・・ひとりぼっちだ。すごく・・・こわいよ・・・。ボク・・・」

いくら攻撃しても倒れない主人公。

アズリエルは戦意を喪失。彼の禍々しい体は消滅した。

おかえり。アズリエル。

つづく

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする