【ザンキゼロ】#29 強欲⑥なぜ彼らが選ばれたのか?その理由が判明する。

(2018/8/22 ブログ更新)

※この記事にはザンキゼロのネタバレが含まれます。

ザンキゼロプレイ日記前回
ザンキゼロプレイ日記次回

回復するためには休憩する必要があります。

こんにちは!ぽんたこすです。

休憩は安全な場所でとる必要があります。
休憩してるときに攻撃受けると大ダメージくらいますからね。

だけど、前の記事か、前の前の記事くらいで紹介しましたがこの病院は天井に穴が空いてましてね、そこから首が落ちてくるんですよ。

これね。
マネキンの頭に寄生する系男子。男子か知らんけど。

これね、絶対に動き出すんですよ。
だから見つけ次第処理すべきなんですけど・・・

コテンッて倒れてる時に殴ると爆発するんですよ。
しかもめっちゃダメージ食らう。

だから動くまで待って、その後倒した方がいい。

ちょっと話がズレましたが・・・

↑のマネキンが天井から降ってくるんで、
密室で休憩してても、天井が空いてたら降ってきたマネキンに攻撃されるので安心できません。

じゃあ敵もいないし、こっちの広間で休憩しよー。

ってやっても

気付いた時には鳥さんに囲まれてるからね。

この病院回復が難しいわけよ。

ダンジョン攻略が進展するたびに、ガレキ島に戻るのが得策かな。

懐かしいナゾトキ

っていうか、全然謎解きじゃないですけど

見覚えのある像がありました。

これ豪華客船廃墟にもあったよなー。宝石ハメるやつ。

ってことで昔手に入れた雑誌で宝石名を調べて

カチッとはまったら隣の施錠されてた扉が開きました。

うむ、単純でよろしい!

先に進もう。

《異形が集う場所》

ですって。

なんですかー?中二病っすかー?(//∀//)

よくわかんないけど、「開けろ」というわかりやすいフリだと理解したので、

とりあえず開けてみましょうかね!

さーて、なにがまってr

・・・・・(^▽^;)

・・・・・。

・・・ガラガラッ(閉)

・・・・。

ボスじゃん( ;´Д`)ボスいんじゃん!

ユマちゃんの両親クリーチャーだよね?アレ?

もうそういう感じ?
ボスもザコ敵扱いになる終盤あるある的なやつ?

そういえば手前の部屋にもミナモちゃんの弟クリーチャーいたな。
可能な限り戦闘は避けるか(*´Д`)

あ、だけど部位破壊トロフィー逃した人にとってはトロフィー取得チャンスですね!
(トロフィーもらえるか知らんけど)

攻略ビデオ(思い出) 強欲

ゼン君が疑問に思ったこと。

それは世界が滅ぶレベルの何かが起きたにも関わらず、
よりによってゼン君達がなぜクローンに選ばれたのか?

もっと人類にとって残しておくべき人間は他にもいただろうに・・・

その理由について一葉先生は答えてくれました。

目的は復讐である、と。

マモルは寺島ダイチが勝手にサチカにペケ字キーを移植したことを責めていた。

寺島ダイチ:死んでも何度も再生できるようになったんだからいいだろう

マモル:そうじゃない!ボクはサチカと同じ顔の人間が死ぬのを、見たくないんだ!

センチメンタルに責めてくるマモルを茶化す寺島ダイチ。

だがサチカを実験体として使わないでくれるらしい。
(意外とマモルの言う事聞いてくれるじゃん)

旧型ペケ字キーの実験はせず、新型ペケ字キーの実験をするらしい。

新型にはリミッターが搭載されており、一定期間を経過したら死ぬように作られている。

そのための被検体が必要だという。

自分からリミッター付きのクローンに志願する人などいないため、
マモルにはサチカを使わない代わりに人を集めてきてほしいらしい。

寺島ダイチが提案したのは、ガレージキッドの少年ら

マモルは怒る。

彼らとマモルは仲がよかった。
そして、彼らもあの事件の被害者である。

マモル:この子たちをさらってこいっていうのか?そんなこと出来るわけないだろうッ!

寺島ダイチ:サチカをころしたのが、彼らでもかい?

寺島ダイチは実験に協力してもらってる(無理やり協力させている)黒崎ヨウスケから、サチカが死んだ経緯について聞いていた。

それをマモルに話す。

マモルは話を聞いて、マモルの心は一瞬で憎しみに飲みこまれた。

ガレージキッドのせいで、サチカが死んだ。

マモルはガレージキッドの面々を誘拐し、
新型ペケ字キーの被検体として利用した。

彼らに復讐をするために。

※復讐=永遠に生と死を繰り返させ、苦しみを与え続けること。

つづく。

ザンキゼロプレイ日記前回
ザンキゼロプレイ日記次回

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする