【シノアリス】#50 拝啓、スルト様。

(2018/11/21 ブログ更新)

祝!シノアリス記事50回!

こんにちは!ぽんたこすです!

シノアリスのブログを書いてる人って結構いると思うんですよ。主に攻略情報系ブログですかね。おすすめ武器だとか、ナイトメアの一覧だとか、基本的にシノアリスのブログ書いてる人って役に立つような記事を書いているんですよね。

そんな中、ワタクシぽんたこすが書く記事には全くメリットがありません。

自分でもビックリですもん。あれ?メリットなくね?って。

これを認識しているのにも関わらず、今現在も新しい記事を書こうとしている自分にもビックリですよね。何をモチベーションにしてるんだ私は、と。

ま、いいんです。いいんですよ。

誰の役にも立たない記事。データ要領の無駄遣い。そんな記事をですね、これからも書いていきたいと思います(‘ω’)ノ

さて、今回の記事は私が最も好きなナイトメアについて書いていこうと思います。

誰にも認知されていない男、スルト

「ファフニールかっけぇ」

「オーガ厄介だなぁ・・・」

「スルト?・・・なにそれ?」

「火染め装備でジズ討伐楽勝だわwww」

「おいおい兄ちゃんばっか狙っちゃダメだよグリーフスパイダーは」

「え?・・・スルト?・・・いやぁ・・・」

皆様、連日の討伐イベントラッシュは楽しんでいますか!

核武器のカスタマイズが実装されてから、今まで以上に討伐イベントに精を出しているのではないでしょうか!ギルド共闘ミッションもありますし、今のうちにじゃんじゃん核稼いで各々の核武器を強化していきましょう!

でね(//∀//)

皆さん、スルトって知ってます?僕が一番好きなナイトメアなんですけど。

いやね、昔スルトっていう討伐イベント系ナイトメアがいたんですよ。シノアリスリリース初日からプレイしている人でも誰一人として覚えてないと思うんですけど。

そんなね、私が大好きで大好きでたまらないスルト様の復刻リニューアル討伐イベントが10月20日より開催されているのです!

しかも今回は核つきよ。ハードもあるわけよ。スルト様の核は、殻ノ大剣、殻ノ槍、殻ノ竪琴のスキルカスタマイズを行う時に必要となります。前衛さんは核集め必須ですね!

上記武器をあまり使わない人も、殻武器のパラメータ成長に核使えるので、みんなじゃんじゃん核手に入れてくださいね!

この記事では皆様にスルト様の魅力を存分に伝えたいと思います。

スルト様の魅力その1 結構強い

シノアリスのゴーレム系って他のナイトメアに比べて弱いんですよ。防御力は高いけど属性の影響を受けやすいから、弱点をつけばダメージめっちゃ入るから。

だけどスルトは自分へのバフを全て最大まで上げてくるんです。物攻、物防、魔攻、魔防すべて10まで上げてくるんですよ。第一フェーズで。

しかもそのままバフを10のままキープさせておくとさらに強力な攻撃を仕掛けてくるんです。

そしてスルト自身の攻撃にもデバフ作用があり、一発食らうと真っ青になっちゃいます。

スルトのくs・・・ゴーレムのくせにかなりくせ者なのです。

スルト様の魅力その2 記憶に残らない

スルトが復刻リニューアルで登場することを知って、あなたはどう思いましたか?

あ、わかってます。わかってます。

スルトって誰だっけ?

・・・って思ったでしょ?

全シノアリスユーザがそう思ったことでしょう。

※参考資料(ソース不明)

スルトって以前はNormalまでしかなかったから、記憶に残りにくかったのかもしれませんね。ま、クリーフスパイダーも昔Normalまでしかなかったのに、こっちはみんな覚えてますけどね(´゚д゚`)

普段核に振り回された不安定な生活サイクルを送っている方も、スルトのことを忘れて生活リズムが正せるのではないでしょうか。

スルト様の魅力その3 ・・・。

本当はスルトってもっともっと魅力的なナイトメアだと思うんですけど、私の力不足で説明することができませんでした(>_<)

それよりもケーキメダルですよ。ケーキメダル。

今やお決まりとなっているギルド協力メダル集めミッションですね。個人的にはメダル集めにそこまで力を入れる必要はないと思っています。繰り返し作業は苦痛でしかないですからね。

他のゲームしながらオートで回したり、ドラマみながらオートで回したり、勉強しながらオートで回したり。ちょっと時間がかかるかもしれませんが、そんな感じでコツコツやっていけばよいと思います。

オート楽ですけど、AP無くなったときのオソウジがだるいですよね。石使えば一瞬で回復するけど勿体ないし。

はい!オチなしっ!

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする