【DaysGone】#9 感動の再会?

(2019/6/29 ブログ更新)

※この記事にはDaysGoneのネタバレが含まれます。

前回のDaysGoneプレイ日記はこちら
次回のDaysGoneプレイ日記はこちら

皆さんの最強装備ってなんですか?

こんにちは!ぽんたこすです。

このゲーム、野盗などの人間相手であればどんな武器でも行けると思います。正直バット一本あれば簡単に制圧できるんですよね。野盗だろうとリッパーだろうとアナーキストだろうと、所詮は人間ですからね。

だけどフリーカー大群戦はそうはいかない。万全に準備しないとHP一瞬で溶かされますからね。いつのまにか囲まれて一瞬でゲームオーバーなんて大群戦ではよくあることです。

大群戦において、武器チョイスはとても大事なのです。強武器ならなんでもいいというわけではないのです。フリーカーは足が速いので、距離が離れているうちにあらかた倒しておくと安心です。・・・って意味だとショットガンよりはアサルトライフルのほうが大群戦向きなのかなと個人的には思っております。

ちなみに私の武器構成は・・・

メイン武器はやはりシカゴチョッパー。総弾数も多いし威力も高い多くて、かなりエコです。の敵を倒すのにかなり役立ちます。洞窟から湧き出てくるフリーカーたちを食い止める際にめちゃくちゃ役立ちます。爆弾や火炎瓶と組み合わせて、大群の半数以上は抑えることができるでしょう。

特殊武器は50口径BFGがおススメです。基本通常フリーカーであれば体のどこに当てても一撃で倒せるので、貫通スキルを解放すれば離れた大群も複数体一気に倒すことができます。あとは強化系フリーカーにも有効なのでブレイカー戦でもかなり有効です。

サブ武器はなんでもいいと思います。といってもこのゲームはかなり弾薬が要的なところがあるので、サブマシンガン系を装備しておくと心強いかもしれませんね。少数の大群であればサブマシンガンと爆発物だけでも一層できますし。大群ほとんど倒した後の残りカスみたいな奴らはナイフコンボや強化近接武器でお掃除すればいいいですし。




サラとの再会後

前回の記事で、あっさりサラと再会し、それから軍隊ごっこをしている人々のキャンプで素性を隠して生活しているディーコンさん。日々出世のために大佐の任務をこなしつつ、サラからの依頼で研究に必要な物資を調達するといっ非日常ライフを楽しんでおります。

サラと再会してしばらくは、時間の経過のせいか以前のようなイチャイチャコミュニケーションではなく、少しばかり距離がある感じでした。それもこのキャンプで一緒に暮らしていくうちに少しずつではありますが、以前のような関係性に戻ってきました。

そして・・・・ディーコンとサラの2人で遠征したときに遭難しまして、急きょたまたま見つけた空き家で暖をとったんです。ズブ濡れの衣類を乾かし、ディーコンは上半身裸。サラもタンクトップというお互い露出していたり、部屋のムードがよかったり、そこに至るまでのプロセス的にも良い感じに盛り上がっていたこともあり・・・・

2年ちょいぶりにセックスしました!(祝)

しかもね・・・なんかソレっぽいトロフィーも手に入りました。具体的な名称は忘れましたが「やっとセックスしたぞ!!!」的なニュアンスのトロフィーだった気がします。

そんな感じにサラとの関係が元に戻ったところで、ついにディーコンとサラはこのキャンプから脱出することにしました。大佐ヤバいやつなんですよ。イカれているのです。普通にここから去る旨を伝えても許可などされず、おそらく処刑されてしまいます。

ってことで

バレないうちに脱出してしまいましょう!

っていう予定だったんですけどお・・・・

サラ、洞窟の奥地に幽閉されちった。

大佐のきまぐれで、「皆でアーク(ここでは洞窟のこと)に住むんだ。」的なまたわけのわからないことを言いだしましてね。今まで住んでいた小屋に比べて、かなり自由が制限された生活になってしまいました。しかも見張りつきっていうね。タイミング最悪ですわ。・・・ってかアークってなんだテメェ。いい歳してよぉ。

ここでディーコンは考えました。

「よし!オブライエンに協力してもらおう!」って。

オブライエンに連絡をとり、指定の時間にヘリで迎えに来てもらう事になりました。

最悪の事態

今から戦争するぞ!北に進軍するぞ!

よくわかんないんですけど、また大佐がひとりで盛り上がって北に進軍するらしいです。フリーカーを殲滅するとか、世界を救うとかそういうことではなく、単純なる支配。すべてに対して戦いを挑んで服従または殲滅させる。ただの暴力ですね。今までギリギリ留まっていたものが爆発してしまったようです。

しかも北ってのがまずい。北にはブーザーやリッキー、マイクなどディーコンの仲間達がいるんですよ。彼らは彼らで強いですが、南部の軍勢は圧倒的に数が多いため、多勢に無勢になってしまいます。

すぐにでもこのことを彼らに伝えなくては・・・。

すぐにでもここから脱出しなくては・・・。

ディーコンはオブライエンに連絡をとりヘリを要請しました。このキャンプには対航空機用のロケットランチャーがあるので、ディーコンはそれをこっそりと無効化しました。

多少強引にですが見張りを排除し、サラを救出。あとは外に出てオブライエンのヘリで一気に逃げる。そしてマイクのキャンプに合流してブーザー達に軍が攻めてくることを知らせる。

よし、そういう作戦でいこう。

その後も見張りを絞め落としつつなんとか外へ。

・・・最悪や(´_ゝ`)

大佐と遭遇しました。

だけど大佐ってめっちゃ頭悪いので、「おぉサラじゃないか!」的な感じでサラが外に出ていることに違和感を感じず、普通にコミュニケーション取ってきました。バカです。大佐はバカです。

どうやら新人さん向けのオリエンテーションをしていたらしく、ちょうど終わったタイミングでディーコン達と遭遇したようですね。

その新人さんの中に、懐かしい男の顔がありました。

ディ:・・・・。

スキ:・・・・。

感動の再会!2人はすぐにハグをs・・・

するわけなく、即殴り合いです。

スキッゾが「裏切り者!」って殴りかかってきましたが、裏切ったのお前じゃん!っていうのも恥ずかしいくらいブーメランで辛かったです。ってかスキッゾお前なんだその顔は。

2人が揉み合っている間にタイミング悪くオブライエンのヘリがキャンプ上空に到着。もちろんその場にいる全員にヘリの存在がバレてしまっているため、オブライエンのヘリは退却してしまいました。作戦失敗です。

結局ディーコンもスキッゾもサラも大佐の部下に捕らえられることに。

裁判

違う!俺はやってない!の図。

ディーコンとスキッゾが突然取っ組み合いのケンカ始めたり、ヘリが上空を旋回したりで、大佐は色んなことを疑っています。

はい、裁判ごっこです。

彼はなんでも形から入るタイプなのですね。

結局、ディーコンの背中に鎖をかみちぎっているケルベロス(地獄の番犬)のタトゥーがあることをスキッゾにバラされ「あ、ケルベロスのタトゥーあるから悪いやつーだー!」レベルのノリで有罪になりました。しかもサラも共犯だと疑われ、彼女を守るためにディーコンはヘリの件もすべて自分が用意したもので、サラを無理やりこのキャンプから連れ出そうとしたと嘘をつきました。スキッゾいつかお前ヤってやるからな。

クーリに殴られ意識を失うディーコン。

これから行われるのはディーコンの処刑です。

尊敬

・・・あれ?

意識を取り戻すと、ディーコンは外にいました。

目の前にはクーリ大尉。

ディーコンの処刑が行われる前にクーリ大尉が脱出させてくれたみたいです。クーリ大尉も大佐のことは頭おかしいヤバい奴だと以前から気付いていたようで、仲間を連れてこの地域から去ることにしたらしいです。

ついでにディーコンのことを調べており、彼が離れ離れになった妻を探してこのキャンプにきたことにも気付いていたようです。

指輪も返してくれました。

「一緒にこないか?」とクーリに誘われましたが、ディーコンはサラを救出しなくてはいけません。さらに、大佐の軍が北に進軍してしまうため、そのことをロストレイクキャンプの人々に伝える必要があります。しかし既に北に攻め込んでいるらしく、今すぐにでも北へ戻る必要があります。

クーリ大尉と別れるディーコン。

さて、とにかく今は北に戻らなくては!

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする