【DaysGone】#11 未来へと続く道は明るいのか?

(2019/7/30 ブログ更新)

※この記事にはDaysGoneのネタバレが含まれます。

前回のDaysGoneプレイ日記はこちら
次回のDaysGoneプレイ日記はこちら

お前らから先に手を出したんだからな。

こんにちは!ぽんたこすです。

前回、スキッゾの腹を刺して首をかっきってやりました。

やっぱさ・・・復讐って虚しいよね。

復讐を果たしたところで犠牲になったアイアンマイクやキャンプの皆の命がもとに戻るわけでもないし・・・っていう気なんてこれっぽっちも起きませんでしたぁぁぁ。すっごい清々しいとても良い気分!

さてと、

あとは大ボスのギャレットをぶちのめすだけですね。

・・・って思ってたんですけどねぇ。

いつの間にか、3人でティーパーティを楽しんでおります。

サラに銃向けられてるんで、嫌々付き合ってるんですけどね。

ギャレットのご機嫌を取らなきゃいけない。マジパワハラ。

サラが淹れた紅茶を美味しそうに飲むギャレット。

なんだこの時間は・・・( ;´Д`)

よくさ、悪の親玉的なやつが異様な余裕さを見せつける場面あるじゃん?

その余裕さが恐怖を引き立てる的な。

ギャレットの余裕さはそれとは違うからね。

ギャレット、ただただ空気読めてないだけだからね。

こいつに対して恐怖なんて誰も抱いてないからね。

「あーあ、なにやってんのコイツ」感しかないからね。

そんなこんなつまらないやり取りをしているうちに・・・

取っ組み合いになる。

もうこの状態で勝ち確なんですよ。

今まで数万体のフリーカー達を葬ってきたディーコンが、

ただのヒゲ帽子に負けるわけがないんですよ。

ただね、ディーコンが手を下すまでもなく

ギャレット、絶命。

サラが紅茶のポットにこっそり毒素のある花を入れていたことにより中毒死しました。

ディーコンにも同じ紅茶がつがれたわけですが、ディーコンだけにわかるようにサラが「飲むなよ、絶対に飲むなよ」の合図をしていたので、ディーコンは紅茶を飲みませんでした。(上島だったら飲んでたな)

・・・・あ、もしかして・・・・。

このままエンディングですか?( ;´Д`)

はい、このままエンディングです。




さぁ、帰ろう。

サラとともに外に脱出。

仲間達はギャレットの軍を制圧したようです。

メインキャラの死傷者は出てない模様。

つまりこの戦いで犠牲になったのはトラックと共に大破したブーザーのみ・・・・。

・・・って思ったら

生きてました!

超絶ハイパーギリギリなタイミングでダイナマイトを積んだトラックから飛び降りていたようです。

作戦も成功させ、ちゃんと自分も無事である、と。

さすがブーザー。
いつも死にかけて結局生きてる系男子。

ディーコンはこれからの俺達の生き方について皆の前でスピーチし、北方地域の士気がさらに上がる。

THE・シメって感じ。

ま、このあとエンディングなんですけどね。

ちゃんちゃん、と。

再会1

ロストレイクキャンプの前にリッパーがいました。

?:リッパーじゃない!

あぁ、リサちゃんだった。

リッパーのアジトから逃がして以来、消息不明でしたがどうやら無事だったようです。

しかもめっちゃたくましくなってる。

ロストレイクキャンプにやってきた理由はフリーカーの耳を換金するためです。

ものすっごい量の耳が袋の中に詰まっていました。

フリーカー狩りをひとりでできるくらい強くなったのですね。

喋り方も以前のようなおどおどした感じではなく、ドシッと構えてクールな感じ。

ディーコンはリサをキャンプに誘いますが、リサはキャンプに居座る気はないんですって。

ま、ちょっくらお茶でも飲んでけや。

再会2

久々にコイツから連絡がきました。

オブライアン君です。

サラ救出作戦のときにヘリでスタンバってくれてた時以来ですね。

今回なぜコイツはディーコンに会いにきたのか。

オブライアンはディーコンに警告をしにきたらしいです。

オブライアンは防護マスクをはずす。

!?

オブライアンは毛髪が抜け落ち、肌は白く血管が浮き出ていて・・・

まるでフリーカーのようになっていました。

ようにというか・・・ガチのフリーカーです。

意識はあるようだし会話もできるので、そのへんのフリーカーとは全然違いますけどね。

オブライアンによると、フリーカーは驚異的な速度で進化しており、いずれ人類に危険が訪れる。上層部はこのことを前々から知っていて、もう防ぎようがないらしい・・・。

意味わかんねぇ(´_ゝ`)

ディーコンにそれだけ伝えて

ぴょーん

と、フリーカー並みの驚異的な身体能力でジャンプしてヘリに乗り込むオブライアン。

オブライアンの言う脅威とは、今後人類が対抗できないくらいにフリーカーが発生(≒人類のフリーカー化)するということでしょうか。

かろうじて人間性は保っているが、オブライアン自身もフリーカー化していることについて。NEROが開発したフリーカーの抗生物質的なもので症状を抑えているのか、自分自身の身体を使って対フリーカーの実験か何かをした影響なのか・・・。

オブライアンはもうフリーカーの脅威を止められないと言っていましたが、人類はこれからどうなってしまうのでしょうか。ディーコンは・・・キャンプの仲間達は・・・

・・・ってことを考えていたって仕方ないですよね。

既に人類や文明はほとんど滅んでしまっているわけですし、今の段階で既にフリーカーがうじゃうじゃいて、野盗やリッパーやアナーキストのような人間の脅威にも警戒していかないといかないわけで・・・。

うん、既に世界は終わってるわけですよ。

ポジティブな意味でね。

これからどんなことがあろうが、大して変わらないんです。

そんな状況だからこそ

いつかくる本当の終わりの日まで

大切な人と悔いのないように過ごせたらよいのではないでしょうか。

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→twitter

ぽんたこすプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする