【ザンキゼロ】#13 暴食⑤豪華客船のボスって・・・

(2018/7/26 ブログ更新)

※この記事にはザンキゼロのネタバレが含まれます。

ザンキゼロプレイ日記前回
ザンキゼロプレイ日記次回

真白ユマが太っている理由

こんにちは!ぽんたこすです。

太ってる理由」っていう表現自体が人によっては失礼にあたりますが、真白ユマには太っている理由があります。大食いで幼少期からずっと太っているわけではなく、太りやすい体質ってわけでもないかと思われます。

あえて太ってるんですね。
わざわざ体型維持をしている描写もあるんです。

真白モアと自分の体型を似せるために食べる。

真白レンジの人形になるために食べる。


※モアの肖像画。ユマとうり二つですね。

もはや呪縛ですわ。
真白グループの総帥を支えるためか、ただの親孝行なのか。

いや・・・

愛してほしかっただけですね。

真白ユマではなく、真白モアとしてでもいいからレンジから愛情が欲しかったんだと思います。

豪華客船のパーツを守るボスとは?

大方予想はできていますね。
ここのボスの正体。

攻略ビデオに映っている人物はモア、レンジ・・・とは寺島と助手の男。
その中で豪華客船にまつわる人物はモアとレンジです。

・・・ってかさ。

攻略ビデオの中でクリーチャーとして登場してるじゃん。
ここのボスはモアでしょ?

当たり!

モア・・・と、

下半身でもごもごしてる・・・・

レンジ⁉(´゚д゚`)

合体してるわ・・・・。

モアの部分 :ホシイノォ・・・・ホシイノォ・・・!

レンジの部分:・・・クロォーンヲ・・・マッショウシロ!

ふたりで交互に喋ってらぁ(´゚д゚`)

ここのボスはユマの両親。
今までで一番ヘビィかもしれません。

ユマはどうするべきか迷っています。
父の意思を取るのか、仲間たちを取るのか・・・

ゼン:・・・人形はさ、迷うことすらできないよ。

ゼンの言葉でハッとするユマ。
(オメェかっこよすぎんだろ・・・)

仲間達と共に進んでいく道を選びました。

このゲームってボス戦の前にちゃんとテンション上げてくれるんですよ。ここまで他人には見られたくない攻略ビデオのせいで仲間内で必ずトラブルが起きてたんです。だけど終盤には各々が抱える問題を昇華して、「よし!いくぞ!」って気分にさせてくれます。

遊んでて気持ちいゲームですね(゚∀゚)

さてと、ちゃちゃっと倒してパーツ手に入r・・・

【悲報】一瞬で5人やられる(゚∀゚)

そしてミナモさん、うん●を漏らす!

お腹がゆるい時に急にびっくりしてしまったのでしょうね。
恥ずかしがらなくていい。他のみんなも何度か漏らしてるから!

漏らすとストレスMAXになったり、臭いで敵が寄ってきたリするんですが、ボス戦であれば大した害はないかな。

ってことで戦闘再開!

コツを掴むとコイツはそんな強くないです。
ここまでボッコボコにされてますが笑

視界がもやもやしていると前方広範囲攻撃(毒かな)を発射してくるんで、ダッシュで横に回り込む。

そしてひらすら弱点部位を狙って殴打しまくる。

今回のクリーチャーのブレイクポイントはモアのドレスです。
レンジがモアのためにプレゼントしたドレス。

モアの乳あたりに溜め技当てまくればいつかはブレイクします。

ブレイク後も同じように横に回り込んで殴りまくれば簡単に倒せます。

はい、パーツGET!

謎が増えていく

クローン1体を再生すると、数体分の廃棄物が出てしまうとのことです。
廃棄物?・・・そんなの出てましたっけ?

廃棄物=クリーチャー?

既に亡くなっているはずのレンジが今回のボスの一部として登場しました。
この場合、ボスとして登場したレンジはクローンのレンジなのでしょうか?

・・・ん?

もしかして、クリオネは人間に寄生しせず、クリーチャーに寄生するのでしょうか?
だからモアのクローンが暴走してクリーチャーとなり、レンジのクローンがクリーチャーとなり・・・

エクステンドマシーンでクローンを再生した際の廃棄物にクリオネが寄生してクリーチャーに?今まで各ダンジョンで戦っていたクリーチャーの正体はもしかしたら自分たちかもしれない?

・・・・まだ情報が足りませんね。

うーん、気になるなぁ。

でもいいや。

ユマ:ふつつかな金持ちですが、どうぞよろしく^^

ユマちゃんが元のユマちゃんに戻ったし(゚∀゚)

つづく。

ps.次回はリョウ(嫉妬)の回か。

ザンキゼロプレイ日記前回
ザンキゼロプレイ日記次回

★ブログの更新情報などはツイッターでお知らせします!
よかったらこちらでフォローお願いします→ぽんたこすtwitter

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする