【嘘つき姫と盲目王子】プレイ日記#5 歌声を奪われても歌を歌える?

(2018/6/19 ブログ更新)

※この記事には嘘つき姫と盲目王子のネタバレが含まれます。

▶前回のプレイ日記はこちら
▶次回のプレイ日記はこちら

湖にうつる自分の顔をみつめる狼

こんにちは!ぽんたこすです。

姫の姿に変身して王子とコミュニケーションを取っている狼ですが、
王子に嘘をついていること。そして今後も嘘をつき続けることに悩んでいます。

誰しもありますよね、本当のことを言ってしまったら何かが壊れてしまうかもしれないけど、嘘をつき続けるのは苦しい。

狼には王子の目を治すという目的のため、このまま姫として進んでいかなきゃいけませんが、王子に自分の正体に気付かれたとき、どうするのでしょうね。

そんなことを悩みつつ、姫は王子に勝負をしかけられました。

しりとりです。速攻負けましたが。

狼めっちゃ不利なんですよね。言葉全然知らないから。
普段から本ばっかよんでる王子様圧倒的有利な勝負でした。卑怯者め。

そして王子から「僕が勝ったから、1つお願い聞いてよ」ってきました。(てめぇ)

お願い、とは・・・

ひ、姫の歌が聴きたいんだ

王子はずっと聴きたかったんです。姫の歌を。
ちなみに王子は、高台の上で歌っていたのが姫だと思っていますからね。

あながち間違ってないのですが。
姫も狼も同一人物なんでね。

しかし姫にはそれができない。

なぜなら歌声を代償に、姫の姿を手に入れたから。

だけどチャレンジしてみるようですね( ゚Д゚)

歌声を奪われた状態で歌を歌う。
どうなると思います?

答えは・・・

めっちゃ音痴になる。

魔女に取られたのは美しい歌声なので、歌を歌うこと自体は可能なのです。

歌声めっちゃガラガラですけど。

王子には「ちょっと風邪気味なんだ」的なこと言ってごまかしておきました。

わかっていたことですけど、
もう自分の歌を王子に褒めてもらえないって考えると・・・悲しいですね。

王子に褒めてもらえたことが狼はとても嬉しかったのに。

スーパー謎解きタイム

禍々しいエリアを進んでいくと・・・

まよい人を導く大鳥
みぎによっつの翼を持ち
ひだりに■っ■の■■■つ
(一部かすれて読めない)

おや?謎解きかな?

ふふふっ。

私は謎解きが大好きです(//∀//)
大好きですが、これはどこかにヒントがあるのでしょうか?
本当ならそのヒントを探して謎解きを楽しみたいところですが

眠かったので、他の考え方で解くこととしました。

ということで、謎解き開始!

この謎が書いてある石版の左側と右側に数字を入力するスイッチがあるので、
おそらく右側に4を設定して、左側にもなにかしらの数字を設定すればよいのでしょう。

ひだりに■っ■の■■■つ

ひだりに■っ■の翼をもつ?

うーん・・・。

(゚∀゚)!

カチッ!

当たったああああああああああ( `ー´)ノ

1から順番に当てはめていくという最低な解き方で突破しました。

ふふふっ。

私は謎解きが大好きです(//∀//)

なんで二度と言うんじゃねぇぞ。

謎解きにつぐ謎解き

こっからねぇ、ギミックの嵐で超面白い!

先日より使用できるようになったランタンに火をともし・・・

そのままワームホールに入ってみました。

そしたら・・・

魔物がめっちゃいた。

(なんとなく風来のシレンを思い出したのは私だけでしょうか?)

でも大丈夫!王子がランタンを持っているので火を怖がって近寄ってきません。

王子には近寄ってきません。

王子よりも前にいた姫は魔物にかまれしまったのでやり直し(T_T)

ランタンというアイテムを使わず、狼モードであらかじめ全滅させてから王子連れて行きましたわ。手っ取り早いっしょ。

お!まーた謎解きだぁ(//∀//)

今回の謎は簡単です。

頭を使う必要はありません。手間が必要ですが。

ここまでに出てきた黄色・赤・青の実(かな?)の数を数えておき、
それぞれの3つのスイッチに数を入力すればいいだけ。

めっちゃ簡単!

普通に失敗しましたが(;´Д`)

みてくださいよ狼の落ちこみ様を。
ガクンと方落としてますわ。

もう一度戻って実の数を数えて、今度こそ正解。

いいね!こういうの!
アドベンチャーやってるなぁーって実感できますわ(*^。^*)

これからも凝った謎がじゃんじゃん出てくることでしょう。

どんな謎が出てきても、力づくで解いてみせる!
頭はつかわねぇ!(バカなだけ)

▶前回のプレイ日記はこちら
▶次回のプレイ日記はこちら

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする