【掲載禁止】考察#4 欺くして、完全犯罪は遂行された(ネタバレあり)

(2018/4/13 ブログ更新)

完全犯罪って響き、美しいよね。

こんにちは!ぽんたこすです。

これはそんな複雑な話ではないので、ちゃちゃっといきましょう。

欺くして、完全犯罪は遂行された

●主人公(名前あったっけ?)
大学時代は希和子と付き合っていた。
倉田ワタルは親友。しかしワタルに希和子を寝取られてしまう。
親友から憎悪の対象へ。

●希和子
主人公(名前あったっけ?)から倉田ワタルに乗り換える。
そのままワタルと結婚。
ある日ワタルの元を離れ、主人公(名前あったっけ?)のもとで暮らし始める。

●倉田ワタル
美術系男子。
人の心を操作するのが得意。女性をたぶらかす天才。
画家としては成功しないが、たぶらかした女性達が信者みたいな感じになり、
宗教団体っぽいものを形成。

っていうことがありましたと!
それぞれのキャラクターにね。

しかしね、ある日事件が起こるんですわ。

主人公が、希和子のことをころしてしまいます

痴情の縺れってやつでな。
具体的にはこんなことがありました。

●主人公(名前あったっけ?)
希和子と一緒に暮らしているうちに怒りっぽくなる。
ある日寝ていたら希和子に首をしめられる。
希和子に「(ワタルと違って)アンタつまらない」と言われる。
包丁で希和子を刺す。
希和子をバラバラにして完全に見つからないように処分する。
包丁を持ち出したのは希和子のため、
最悪捕まっても正当防衛と死体損壊罪で乗り切れるだとう、と画策。

完全犯罪は遂行された。

・・・しかし、
なぜか即警察にバレ。正当防衛も認められない。

●希和子
主人公(名前あったっけ?)と一緒に暮らし始めるのには理由があった。
それは、「自分をころしてもらうこと」。
理由は保険金のため。なぜ金が必要なのか?
理由は倉田ワタルが資金難に陥っているから。

自分をころさせるために主人公(名前あったっけ?)の食べ物に興奮剤をちょいちょい混ぜる。
主人公(名前あったっけ?)をイラつかせるような態度を取り、自分を殴らせる。
殴られた痕跡を役所に見せ、DVされていると報告。
市役所からの通報で警察が主人公(名前あったっけ?)宅に向かわせる。

完全犯罪は遂行された。

●倉田ワタル
希和子に自分が資金難である…と思いこませる。
さつ人だと保険金がすぐ降りるため、
希和子には主人公(名前あったっけ?)を利用した計画を提案。
ワタルは主人公を憎んでいた。
それは親友にも関わらず、自分の才能を一切認めないから。
だから計画に巻き込んだ。

希和子が計画を遂行したため、ワタルのもとには保険金が入る。
憎んでいた主人公(名前あったっけ?)も始末できた。

完全犯罪は遂行された。

・・・しかし、
その後すぐにワタルは首を吊ってじさつ。

4人目

ここで登場人物が逮捕、死亡、死亡。
と、全員酷い状態となってしまいました。

この物語の構成は3人…
というか基本は主人公(名前あったっけ?)と希和子の視点で展開されます。
順番にね。●●のターン的な感じで。

だけど、実はこの中に4人目の人物が隠れているんですよ。
あ、これ希和子の視点かな?とかワタルの視点かな?と思う場面んがあるんですけど、
じつはこの視点が4人目の登場人物のものになります。

その人物の名前は紫音(しおん)

ワタルの率いる団体の女性の中の1人っです。

●紫音
他の女性達同様、ワタルにたぶらかされる。
ワタルの宗教団体に入る。

なぜ人の心は欺くも簡単に支配されるのか?

紫音の目的は自分の思い通りに人を動かすこと。
自分が計画したとおり物事が行われ、その瞬間を目にすること。

紫音はワタルに洗脳されていたのではなく、
ワタルを洗脳していた。(紫音に見つめられると、抗うことができない)

↑の3人の一連の出来事を画策。
ワタルに実行させてたというわけですね。
そして全てが完了したあと、ワタル自信にもしんでもらうと。

欺くして完全犯罪は遂行された。

◆「掲載禁止」考察記事はこちらから
【掲載禁止】考察#1 原罪SHOW(ネタバレあり)
【掲載禁止】考察#2 マンションサイコ(ネタバレあり)
【掲載禁止】考察#3 社の囚人(ネタバレあり)
【掲載禁止】考察#4 欺くして、完全犯罪は遂行された(ネタバレあり)
・【掲載禁止】考察#5 掲載禁止(ネタバレあり)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする