【ニーアオートマタ クリア後考察#5】Eエンド以降の世界②(激ネタバレ)

(2017/5/5 ブログ更新)

1.本記事を閲覧する上での注意。必ず、以下のコンサート(夜の部)を観たことがある人であること。

ニコ生 人形達ノ記憶 NieR Music Concert

販売期間:2017年5月21日(日)23時59分まで
視聴機関:2017年5月28日(日)23時59分まで

2.攻略設定資料集を既読であること。

3.Eエンディングを見たことがあること。

※本記事にはニーアオートマタに関わる重大なネタバレが含まれます。閲覧にはご注意ください。

本記事はこの記事の続きとなります。

興奮して記憶があいまいになっているため、細かいセリフは覚えてないです。だいたいこんな感じになっていると思います。

Eエンド、その後

・朗読パート4 9月19日

2Bが再起動。

ポッドにより、過酷な連続運用によって2Bは強制停止してしまいました。

しかし努力のかいあってか、オレンジ色の結晶(箱舟の結晶)を手に入れることができました。

オレンジ色の結晶、それは機械生命体の通信プロトコルを残したものです。いわば鍵のようなものであると。

その鍵を使って閉じている9Sの記憶を開け、自我データを持った状態で9Sを復活させるのです。

ポッドはオレンジ色の結晶を修復用ワクチンへと変化させました。

あとはこのワクチンを9Sに流し込み、9Sの記憶領域に自我データが退避していることを願うしかありません。

ポッド153「修復用ワクチン注入。」

ポッド153「効果なし。」

ポッド153「再注入。」

ポッド153「効果なし。」

ポッド042「予測:機能不全」

ポッド153「否定:修復用ワクチンは正常であると判断」

ポッド153「報告:9Sのメモリ内にデータ消去の痕跡あり」

ポッド042「推測:9S自我データの消失」

9Sが自分自身で自我データを消失させたか、どこかに退避させた可能性があることがわかりました。(箱舟に乗せた可能性)

2B「まだお別れも言ってないのに・・・わたしだけ・・・どうして・・・。」

ポッド042「警告:ブラックボックス信号に異変を検知。ブラックボックスに以上な振動。温度上昇。」

ポッド042「警告:ヨルハ機体2B、バイタル低下」

2B「そんなこともうどうでもいい!(もう自分がどうなっても関係ないという意味)」

ポッド153「警告:ブラックボックス信号に異変を検知。」

ポッド042「当該報告は既に実施済み・・・」

ポッド「否定:ブラックボックス信号の異変は9Sのもの」

そのとき、9Sの鼓動が聞こえる。

2B「ナインズ・・・」

9S「ここは・・・いったい・・・・2B・・・ぼくは・・・」

2B「よかった・・・よかった・・・。」

そのとき、なにが起きたのかは、わかっていない。
我々にはわかっていないエイリアンのテクノロジーが関わっているのだろう。

もし、この世界に呪いが満ちていようと

その輪廻に抗い続ける。

いのりのことばを歌いながら・・・。

考察 Eエンド後の世界

ということで、9Sは最後意識を取り戻しました。

・9月5日。       

・9月19日。       

ってことで↑のの黒塗りに当てはまるのは

・9月5日。  2B 再起動     

・9月19日。  9S 再起動     

です。

12422年9月2日に目撃された黒い服のアンドロイドや、12423年1月19日にエミールが目撃した黒い服のアンドロイドというのも2B、9S、A2それぞれに可能性がありそうですね。

9Sが2Bと同じタイミングで再起動しなかった理由としては、塔でA2の剣が胸に刺さって意識が混濁している最中にアダムに「一緒にくるか?」と誘われていましたが、あそこでアダム達と一緒に箱舟に乗ったのでしょうね。たぶん。

そこからどうやって意識を戻したかは未知のテクノロジーということで丸く収める感じで。

いやぜんっぜんかまいませんわ(●´ω`●)テクノロジー最高

9S君が生きているだけでいいんです。

これから2BにTシャツ買うことだってできちゃうんですよ9S。

今まで大変だった分楽しんでくれよ9S。

いやー、本当によかった。『人形達ノ記憶』観て良かったです!最高。

コンサート最後の諸注意の件もよかったです。

特にこのセリフ

2B「どうしてそんなに急ぐの、ナインズ。

ナ イ ン ズ !

これからは普通に呼べるんですよ!ナインズって。これからは2Eとして働く必要もないんですから。これからは本当に2Bとして生活できるんですから。

ということで、テンションだけでこの記事書いちゃいましたが、全く冷めやらぬこの感情をどこにぶつければいいのでしょうか?

私はとても幸せです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    コメント失礼します。この展開にはやられました

    最後の「ナインズ」は石川さんのアドリブらしいですね。素晴らしい声優さんだと思いました。ニーアlove!

    • pontacos より:

      あそこであのアドリブはすごいですよね。あのアナウンスによって、会場から声挙がってましたもんね!ほんっと素晴らしい声優さんです(^^)

  2. ヨロコビヲワカチアオウ より:

    あの時点で台本を持っていたら、
    もっとサプライズだったでしょうね。

    ブルーレイ版は果たして、
    どんな仕掛けになっているか…。

    『フェアウェル』は、
    「Farewell」と「fare well」のダブルミーニングっぽいようです。

    「Farewell」版も中々良いので、
    いい形で世に広まってほしいものです。

    英語版は、向こうの正規の声優さんがやっていたりします。

    NieR Automata Concert Readings with the Voices of 2B and 9S (Act V) – YouTube
    : https://www.youtube.com/watch?v=uVr_bZpj4JY&t=12s

    本当に、スタッフに愛されている作品です。

    • pontacos より:

      ヨロコビヲワカチアオウさん

      フェアウェルそういう意味だったのですね!ダブルミーニング!
      普通にどっちの英語の意味もわからなかったので、辞書サイトで調べちゃいました笑

      あの展開はマジでトリハダもんですよね。
      ブルーレイ版には全公演の朗読部分の音声が入る予定らしいので、今から楽しみです(^^)