【ニーアオートマタ】攻略設定資料集-第243次降下作戦指令書-を読んで

(2017/4/28 ブログ更新)

この記事にはニーアレプリカント/ゲシュタルト及びニーアオートマタに関するネタバレが含まれます。ネタバレを見たくない方はご注意ください。

こんにちは!ぽんたこすです。

こちら購入しました。

ニーアオートマタ 攻略設定資料集 <<第243次降下作戦指令書>>

この日が待ち遠しかったです。

ニーアの世界にどっぷりと浸かったまま、まだまだあの世界について知りたいという欲求が溢れてしまっています。

ちなみにニーアオートマタと同日に発売した美術記録集と合体させると・・・

↑こうなります。

こういうオシャレ嫌いじゃないです。いやむしろ好きです(*´ω`*)

さてさて

攻略設定資料集の中身、どのようになっているのかについて紹介したいと思います!

小説について

これ、皆さま一番気になるのではないでしょうか?

前作ニーアレプリカント/ゲシュタルトの設定資料集にも小説がありました。そこにはゲームで出てきたキャラクター達の背景が判ったり、小説を読むことによりゲームをやっているだけではわからない真実にたどり着くことが可能です。

今回、攻略設定資料集に掲載されている小説は以下の3つです。

●小サナ花

とある機械生命体の280日間の観察記録について書かれています。

●静カスギル海

深海に位置するバンカーで生活をしているアンドロイド10Hとポッド006の日常について。

●記憶ノ棘

2Bと9Sが石の神殿を探索するお話。

この小説は美術記録集に記載されている小説「記憶ノ檻」と関連性があります。事前に読んでおきましょう。

ヨコオタロウさんへの50の質問

ニーアオートマタについての質問についてヨコオさんが答えてくれるコーナーです。中にはノーコメントもあるんですけどね笑

でもこれ、個人的にかなり収穫がありました。

エミールの残りの残機・・・というか他のエミールについてとか

他にもヨルハ機体のタイプや資源回収ユニットの目的、宇宙人侵略の目的などなど・・・

ゲームやってるだけじゃ想像するしかないことに対しての答えを示してくれています。

年表について

東京に赤い竜が現れてから、ニーアオートマタのD(E)エンド以降600年後までの年表が詳しく載っています。

この年表についていくつか疑問点があるんですけど、それはまた今度。

ってことでこのへんで終わります。一周さらっと読んだんですけど、まだ消化しきれていない部分があるので、これからゆっくり読み進めますわぁ。

今後、この攻略設定資料集で得た情報や、5月3日の超ネタバレトークショーの内容を踏まえた上で、ニーアオートマタの物語についてまとめます!

ではでは。

▼攻略設定資料集の購入はこちらからどうぞ!

NieR:Automata Strategy Guide ニーア オートマタ 攻略設定資料集 ≪第243次降下作戦指令書≫

新品価格
¥2,000から
(2017/4/28 00:48時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする